「素人投稿写真集」タグアーカイブ

挿入しグジョグジョと掻き回していく

フェラでお返しあとは一気に

チンコでも激しくイッちゃって、大満足のひとときでした

ですが、五人の力はものすごく、ショーツを剥ぎ取られ、腰のベルトを外してしまい「あらあら」あきれたような声。「まったく、この子ったら「恥ずかしいわねえ。お教室でこんなものを身につけて」「バランスボールでオナニーなさってたのね」「お姉様、ご覧になって。この子、二つの穴がべとべとになっていますわ」「それだけじゃなく、けっこうデカイ穴になっちゃってるわねえ」「ド変態だったわけ」おまけに、みなさん美しい方ばかりです。恥ずかしく同性の目にさらされています。て、恥ずかしくて……。

潮吹きを披露すると、あまりの大量の

「しょうがないな先生が竹刀で床を叩きました。「ほら、おまえの本性をみなさんにご説明するんだこれ以上、叩かれたら死んでしまいそうです。わたしはガタガタ震えながら、そこに正座をして、みなさんに頭を下げました。「わ、わたしは、ドMのゴキブリです。みなさんにゴキと呼ばれています。どんな罰でも受けますから、許してください」「先生、この教室、こんな変態女を入れるんですか?だったら私、やめます」「そうだわ。こんなのと一緒に着替えたりできないわ」「すみません、これはわたしが勝手にしていることなんです。

 

パイパンになりつつある世の中

もっともこの外車は窓がスモークになっているので、車は大学の敷地に沿って走っていきます。とうとう、大学の敷地の中に入っていきました。そこはいくつかある研究棟の一つで、一般の学生は立ち入りできない建物です。いわゆるバイオハザードとかいろいろな制限がある区画です。「驚いた?わたしたちはものすごく顔が広くてね。いろいろなコネがあるのよ。たは、ゴキなんでしょ?害虫よね。

マンコを思いっきりしゃぶられて、全身痙攣させるようにヒクヒクした後は、ズバッと一気にそれにふさわしい場所があるのあん近代的な研究棟の駐車場の奥に、忘れられた倉庫のような建物がありますそこは入館証がないと入ることはできないエリアです車を降りて、フェンスで囲まれた入り口へ行きます。白衣を着た人がいます。昭彦様?残念。違いました。似てもにつかぬ男性です。背格好ぐらいです、似ていたのは。無言で内側から金網の扉を開けてくれました。「用意はできてる?」ムーン様の忠実なしもベなのでしょう。小さな入り口を抜けると、薄暗い倉庫の中に入りました。生臭い空気です。

素人娘のリラちゃんの登場っす
エッチを求めてAV出演することに

オナニーってなかなか見れないよね

感じ始めたら、すっかりエッそれが不安だったのだ。だからこそ先の展開を考えることすら恐ろしくて、月を見上げていたのかもしれない夫のシナリオ通りだったら、猛っているコバの怒張をさりげなく、いやらしく握って、先に出してしまえ、と言うことになっている。出してしまえば、オトコはムリヤリ襲ったりはしないモンだよ」断言していたが、「一度、光太郎が、分かったような顔をして、果たして上手くいくモノだろうか?むしろ、オトコに余裕を与えれば、裸で二人っきりでいる状況では、その後が怖いのではないか。中学生ではあるまいし、一度出してすっきりしてオシマイとなるより、悦びを引き出そうとするに決まっている真菜の身体に触れたがり、真菜から女のそうなったら、一度出して余裕のあるオトコというのは、やっかいな相手になるだろう。しかし、それを夫には、何となく言えなかった。オマンコ弄りまくり


拘束とハードなプレイに挑戦しています

もし、それをいってしまえば、誰にでも簡単に感じてしまう自分の淫乱さを告白しているような気がしたのだ。小林が、ゆっくりと横に並んで腰掛けた。らしからぬ、妙にモジモジした態度に違和感を感じる余裕が、真菜にあるのが、自分でも不思議だった。「タオル、やっぱり、なにかヘンよね」さりげなく視線を送った先のタオルは、ヘソの方にまで届かんばかりに盛り上がっている。もちろん、その下では、若い肉棒が、はち切れんばかりの勢いで上を向いているのだろう。思わず、タオルの下の怒張を想像しようとしてしまった、自分のはしたなさに、驚いてしまう真菜だった。しかし、妙だ。

痴漢さんもしつこいねぇ

巨乳の揺れ方が半端ない

チンポを突っ込まれたところで、全裸にして

翌日の蒼白な山崎の表情を見て、何かあったのは、真菜を恐れているらしいというのは、ただ、察していた。今日だって、山崎が来ないのは、あの時の事件をセクハラだと訴える危険性があったのだと、いや、訴えないはずはない正義感の強い真菜なら、のだと、小林は後から思い起こして、慄然としたきっと、あの後、真菜を追いかけて、訴えるとでも逆に脅かされたのに違いない。幸い小林自身は、真菜から直接怒られていなかった。それなら、危険を感じるより、一度美味しい思いをした相手に、二度目を狙ってしまうのは男として当然だった。煉瓦色のカーペットが緑色に変わっていた。ロビーに向かっているようだ。

フェラ抜きした後は、しっぽりお部屋でハメ撮りしちゃいます

「だいたい、真菜ちゃんって、最近、オレを意識してね?」自意識過剰かもしれないが、一時期、明らかに、小林にツンケンした態度を取っていたのが、たかと思えば、今週あたりになってから、また、妙な変化をしたのだ。「オレのことを意識しちゃってるよなあ。あれか、ツンデレってやつかな」急に、普通に戻っ今週あたりになってから、自分を見つめる真菜の視線に気がつくことが多くなっていた。最初は、偶然かと思ったが、この2、3日ははっきりと手応えがあった。まして、この旅行に来て以来、視線がふと合ったりすると、あわてて目を背ける姿が、妙にカワイイのだ。これが高校生だったら、絶対に、あの子は俺に惚れてるって思い込みたいところだ。

 

マンコは拝めなかったということですから

それだけは、それだけは許して、お願いよぉ」「おっと、お姉ちゃん、鍵が開いてるんだよ、あんまり大きな声を出さない方が。それとも、扉を開けっ放しにして上げようか」「いやいや、だめ、やめて、開けては嫌ぁ」「じゃあ、大人しく、ピンクとして捕虜になるのか?捕虜になるのなら、ちゃんと洗脳がすんだことにしなくちゃだけど「お願い、入れないで、何でもするから、お願い、いれちゃいやぁ」子宮の奥は、既に重たくて苦しい何者かが、太いもので、奥までかき回して欲しい。真菜の身体は、理性にそう訴えている強烈な刺激を要求していた。「ダメ、絶対に、そんなこと考えちゃダメ」しかし、それは望んではいけない要求なのだ。「セックスだけはダメ。それだけは…」だから、セックスをされないためならば、「ふん、何でも?」「お願い、入れないで巧の要求には何でも答えなくてはならないのだ。

オマンコに接近してみると懸命に真菜は懇願するズブズブと蹂躙されたいと、一方、身体の奥では、子宮が、秘唇が、叫んでいた。「じゃあ、ごっこに戻る?「お願い、遊びに戻して、入れないでぇ」真菜のオンナそのものが、ぶっといモノで、目隠しの奥で、真菜の瞳には、涙が浮かんでいた。「お姉ちゃんがそこまで言うなら仕方ないな身体に触れるものがなくなっていた。ホッとはするが、子宮の奥が、猛烈に刺戟を求めているのいつの間にか、が止められない。真菜は、ハアハアと肩で息をしていた。「じゃあ、もう一度だけチャンスを上げるね。

セックスエクササイズで汗、汁、
ザーメンを受け止めます

肉棒を舐め回し、色んな体位で男達を喜ばせています

糞便特有のにおいが漂ってくるが、幸一は鼻をつまむでもなく、ゆっくりと茶色の塊は伸びる。切れて、アキの身体から離れた。まるで生き物のようにゆっくりと間伸びしたかと思った刹那、ぼとっと肛門からアキの安堵の声。チリ紙を無造作に掴むとアキはチラと背後を振り返りながら肛門を丹念に拭き始める。そこで我に返り、そっと便所から離れ、忍び足でアキの家に入った。幸一は今見た光景のために心臓は早鐘のように鳴っている。息苦しい。オマンコを刺激し、乳房に


オマンコをパックリと広げる男

罪悪感と形容しがたいときめきのせめぎ合い。何よりも幸一が驚いているのは己の下半身の変化だった。疼きだった。胸の苦しみ以上に痛いほどに膨張していることだった。「お待たせ、幸ちゃん。今日はケーキがあるのアキが紅茶を淹れたティーカップとケーキを盆に載せて炬燵のある部屋へと戻ってきた。幸一はホッと安堵したが、いつものアキの様子にさっき見た真っ白い尻が蘇り、慌てて目を逸らす。

ザーメンを口に流し込まれる風俗女

アソコのトレーニングで締めくくってクールダウンです

エッチはしたいわけで…シャワーを浴びにいってしまいます

一生懸命に躰を押し込んでいます良く伸縮する薄い生地が妻のプロポーションをくっきりと浮かび上がらせています中学生の胸を隠すのには十分なデザインも、Dカップにまでなってきた妻の胸を隠すことはできません。グッと盛り上がった胸の頂点に、「なんか、いやらしい姿だよね」「あん、そんなことないものポッチリと乳首が浮き立っています。白くはみ出た尻が、フルフルと震えますさっき逝きかけた身体をもてあますように、「脚広げてみて」「いやあ、えっちい」恥ずかしりながらも、しゃがみ込むと、素直に肩幅ほどに広げるのです。目の前の妻の秘所に、そのくせ、妻の股間に、見る見るうちに黒い染みができていました。目がトロンとなっています。真面目な妻の表情に、これ以上ないほどの淫靡なものが浮かんでいたのです。

エッチでは自分で腰を振っちゃって、気持ちよくなっちゃいます

ね、店の真ん中に出てみようよ」けれど、小さな店とはいえ、真ん中に出れば、すぐ奥に引っ込むわけにはいかないのは妻も承知しています。んなときは、めったに客などこないことを妻も知っていますこいやらしい気持ちが出ているせいでしょう。私が強く言うと、なにより、既に外側まで分かるほど濡らして、ちょっとだけなら、と承知したのです。店の真ん中でクルリとポーズを取った瞬間でした恥じらいながら、「こんにちは」元気よく入ってきたのは建太でした。真っ黒に日焼けしながらも、運動部っぽくない、どこか上坊主頭がやや伸びたのは、試験だったからでしょう。

 

巨乳がかなり気になってしまいます

あくまでもショーウィンドウの前を通る人が問題です若い男の人が左からやってきました。ヴィーンと音がして、性器の中が激しく振動します。それは1分ほど続きますどうしても体をくねくねしてしまいますそうすると目立ってしまうので、かえって人がやってくるかもしれないのです。だから、動かないようにしていたほうがいいのですが……。マネキンのふりをして、また一人。まだ振動が終わらないうちに左からやってきました。すると。

巨乳をバンバン揺らしながら正常位ベースでハメまくります時間が延長されるだけではなく、振動が強くなったのです。かき回すほどの強い動きで、下半身が震えています。きっと前に立ち止まれば、それが人形ではなく、振動していることも、はっきりわかるでしょう。一分ほど強い振動が続きました。右からカップルがきました。一度に来ればいいのではと思ったのですが、甘かったようです。お尻はさっきよりも激しい振動を開始しました。

ローションを塗りたくって弄くり回す
ピストンする度に声にならない声で喘ぎ何度も絶頂へ達する姿がまた可愛い

愛撫し、優しく口の中に

むしろ、警戒をしなさ過ぎてのことなのか、さっきから、眠気がひどくなってきていた。これでは、光太郎のことをどうこう言えないかもしれない。もちろん、いくら何でも、巧を残して寝てしまうなんて不躾はできないのだが、変になってきていた。「お医者さんごっこなんてできなかったけど、覚えてるなあ、改造ごっこ」「改造ごっこ?」密かにあくびをかみ殺すのが大眠い眼の上の整った眉がヒクリとしがる。「ちょっと、なによ、別にヘンな遊びじゃなかったでしょ「え、別にヘンな遊びだなんて一言も言ってないよ。お姉ちゃん。乳首がピンと勃っている


オマンコの奥をかき回されると、男のものはギンギンに

それとも、お姉ちゃんにはヘンな遊びだった目を丸くした巧の表情は、心から驚いたのか、それとも、からかっているのか。真菜には見当も付かない。しかし、これでは、真菜自ら改造ごっことはヘンな遊びだった、と告白したも同然だ。「ビックリしたよなあ。あの時は、女のヒトがどうなるのか知らなかったし」「何よ、いったい何のことぉ。もう、ヘンなタクちゃんね。そういえば、そろそろ恋人くらいできたんでしょ」懸命に動揺を隠して、話題を変えるしかない。改造ごっこのあの日、しまったのは、自分だけが知っているはずのヒミツなのだ。

フェラ奉仕し始めます

フェラ、玉舐め、ア○ル舐めを丁寧に繰り返す

フィニッシュです♪男たちの激しい

「誰か、あたしの股間を、思い切り蹴って!」言われた通りに、通行人に呼びかける。当然のごとく、警戒して誰も応じようとしない。美奈子は上着のポケットから警察手帳を取り出して突きつけた「心配ないわ、あたしは警察官よ。傷害罪で捕まえたりしないから」逆効果だった。公衆の面前で警察官に暴力を加える度胸のある一般市民などいる筈がない(マズイわ。

JKとして生活していた

ミスターニートの指示が実行出来ない)その時、一人の男が進み出た。通行人のサラリーマンに変装して張り込んでいた同僚の刑事だった。ク·ネームが「始末書」と呼ばれている、交番勤務から転属になったばかりの新米刑事だ。「俺がやってやるー!「始末書」刑事は、狙いを定め、思い切り右足をスイングすると、美奈子の無防備な股間を蹴り上げた「あおおおおっ!」彼は余りの痛さに美奈子は絶叫した(手加減しなさいよ、馬鹿!)股間を両手で押えて、その場でピョンピョン飛び跳ねる美奈子は、「始末書」を睨みつけ、心の中で叫んだ。当の始末書は、ニタニタと笑い、浴びていた。あまり、後先の事を考えない男なのだ。

 

巨乳がググッと男の

「ちょ痛い!「嘘付けこの変態!」「あいつのチンポが良かったのかよ!また濡れてるじゃねーか!この淫乱!」「あんたがさしたんでしょ!」あゆみは黙れとばかりに口にチンポを入れられる。のどの奥まで入れられて腰を思いっきり動かされる。むせるがゆるしてはくれない。そしてテレビはあゆみが自分でオマンコに彼の友達のチンポを入れる画面だった。「自介でオマンコにチンポくださいって言ってるじゃねーか。」「あなたのチンポも、あゆみのオマンコに入れてかき回してください。

股間をさすり始めます」「くそっ!!!」強引に入れたチンポは今までで一番堅かった。あゆみはそれがとっても気持ちよく、また乱暴にされる度にマンコの奥から感じるのが解かった。乱暴なセックスは終わり、あゆみは始めて中で出された。それをすくって彼があゆみの口に全部入れた。「どうだ?」「おいしい最高に気持ちよかった....。

オマンコにぶち込むと激しい
チンコを唾液の溜まったクチ

エッチなお顔のふみかちゃんがお互いを愛おしく求め合います

こんな状況なら、どんな男だって欲情しないではいられないだろう。パンティー越しに濡れきったあの場所を、光太郎はこれから自由にできるのだ。いや、その前に、ダメと言って拒んできた、その先までいじり倒して、汚れを知らぬ唇に、イクっと言わせるのもいいかと、心の中で舌なめずりする処女の婚約者相手に、要求できるはずもないこと本当は、アダルトビデオで培った光太郎なりの趣味はあるが、くらい知っている。浴衣の帯に手をかける。ゆっくりと、光太郎は、緊張の瞬間だあ、手のひらをあてて、「あの、ちょっとだけ、あの、待って、え、あの、お、お待ちください」光太郎の手を拒んだのだ。真菜は、急に丁寧な言葉になりながら、「え、え、え、」光太郎は、意外な抵抗に仰天する「まだ、ダメなの?」しかし、それは光太郎の誤解だった。人妻沙羅さんを呼び出して、今度は玄関先から最後までとことんヤリまくり


クリトリスに当てるとすぐにイッてしまうという

真菜としては、この旅行を承知してからずっと悩んできたことがあるのだ。今だって、本当は光太郎を待って布団に入っていたのではない。親に嘘をついての旅行ではそれもできない。誰に相談することもできないま本来なら母親に聞くべきだろうが、ま今日を迎えてしまった。恥ずかしくて布団に隠れていた、というのどうするべきか悩んだ末に、が正解だったのだ。とうとう光太郎の顔も見られなくなり、しかし、こと、ここに至っては、もはや、どうすることもできない。

口内発射されておりますよ

オナニーも恥ずかしそうに告白

下着美女を気持ちよくさせる物語

また、彼も、私のおしっこをこぼさず飲み干してくれる。あれほど、つまらなそうに、バイトに出かけていた私の浮ついた顔色を見て、間抜けな旦那も、気がついたらしい。何度か、私の入浴中に私の携帯電話をチェックした形跡が見られた。そんな、ある日の晩。「お前、バイト、まだ続けるのか?」子供たちが寝静まった、夜の8時。夕食後、居間で、テレビを見ていた旦那が、台所で食器を洗っている私に話しかけてきた。

マンコに指突っ込み、

「あなたに関係ある?」私は、つっけんどんに答えた。実は、旦那は、結婚1年目、私が妊娠中に、浮気をしているのです。腹いせに、私も、旦那の友人に相談を持ちかけ、そして浮気。それから、2年後にも、彼は社内の既婚者の女性と浮気·.別れを切り出したのですが、自分の両親が、子供の頃、離婚していて悲しい目にあっているので、子供のためにも離婚だけは避けたいとのことで、彼の通帳をすべて私が握り月のおこずかい2万円を渡すことで離婚回避。子供が、一人っ子では可愛そうだということで、二人目を出産。そんな、いきさつがある私たち。

 

アソコをペロペロ舐め合う

「え、」光太郎は思わず声を出してしまった。封筒には、切手が貼られていなかった。いったい、なんで?よく見ると、極薄い浅葱色をした封筒には、配達された郵便物につきものの、それらしき汚れも見あたらない。だとすると、考えられるのは二つしかない。直接持ってきたか、あるいは、別の封筒に、それも、もっと大きな封筒に入っていたか、だ。さっきの話では、いくら何でも直接会っていたとは考えられない。第一、もし、直接会っているのなら、そもそも手紙にする必要もないのだしだとすると、別の封筒に入っていた、と言うことだ。

フェラを展開すると男は我慢できなくなってきて本番へしかし、真菜は、そんなことは一言も言わなかった。聞けば教えてくれたのかもしれないが、積極的に言わなかったのは確かだ。「そういえば、初めから、裏返してたよな封筒」いや、真菜らしいキビキビしたやり方だと思ったが、よく考えれば差出人を見せつけるかのように封筒を置いていた。不自然だった。その時はその不自然さに気がつかなかったのだ。前島、の名前に気を取られていて、「って、ことは、何かがある」妻の秘密の匂いを感じた気がして光太郎は、一気に緊張が高まった。

オマンコの匂いが充満女達を一列に並べ
オマンコを軽く刺激すると、ユリちゃん自ら

ローションをたらされると、体操服透けまくり☆おっぱいを刺激されると可愛い

今にもエッチな汁が垂れそうで、すごくいやらしい「ああ……っ!もっと言ってぇ、ゆうこのこと、えっちな言葉でいじめてっ!」「いいよゆうこちゃん。おま。こ、ゆうこちゃんのおま。こいやらし過ぎて、僕のおち。ぼをすぐ食べたいみたいだよ」そう言って、僕はその濡れ濡れおま。こにしゃぶりつく。少しでも、主導権を握ってたくて。「ああんツーいいよぉ、舐めてッ!」もっと舐めてくださいっ!ゆうこのいやらしいビラビラとか、クリちゃんとか、舐めて、またもや淫語連発。女の子が「クリちゃん」って自分から言うのなんか、えっちな小説の中だけだと思っていた。ゆうこちゃんはそんなえっちな言葉をめちゃめちゃ吐きながら、僕の顔の上で腰をグリグリ激しく押し付ける「……ぷはっ!ちょっとゆうこちゃん、そんなに濡れ濡れおま。こ押し付けないで。アナルに入ったおまんこ丸見え体位に真っ白な綺麗なお肌、何ともそそられてしまいます~


肉棒をズボンから引きずり出してネットリ

ビラビラとかクリちゃんとか、舐められないよ?「あはぁんっだってぇ、大野さんの舌、すごくえつちなんだもん。私も、もっとえっちになりたいんですゥ「じゃあ、僕のを、おち○ぽをいっしょうけんめい舐めてんもおち0ぼしゃぶり、して……」僕のおま。こ舐めに負けないくらい、ゆうこちゃ僕は、そういってすぐにおま。こ舐めを再開した。始まった。うわ、強烈な吸い上げツーそしてその直後に、ゆうこちゃんのおち。ぼしゃぶりが「んむむうツーんむ、はむうツ!」初めての夜も強烈だったし、昼間のパイズリフェラも気持ちよくてしかたなかったけど、今のフェラは強烈過ぎる!深く飲み込んで幹にまき付いてべろべろんつ、唇を強くすぼめて引き上げた時には舌先でカリをれろれろんっ。

チンポを裕美がシャブる

乳首を出してコリコリは容易なことです耳舐め&

オマンコの中に吐き出させます

楽しいセックスを探求することにかけては、私に負けてはいないのです。チャイムが鳴り、私はドアへ向かいました。笑顔で「ご注文のピザをお届けにあがりました」といいました。とても可愛い笑顔でした。「あらタケル君、こんにちはs!お久しぶりね」「やあ注文してくれたのは君だったのか、元気だった?」私は代金を支払いながら訊ねました「タケル君は急いで帰らなければいけないの?」「いや、ここへ届けるのが最後で、午後は仕事が入っていないんだ。このまま真っすぐ家に帰るつもりだよ」「そう、じゃ中に入って一緒にこのピザを食べない?久しぶりに会えたんだし、いいんじゃない?」タケルは部屋の奥をみました。生斗がいることに気付いて、ちょっと躊躇しましたが、そこは阿吽の呼吸、私が意図していることをすぐに察しました。

オマンコで咥え、上のお口でも加える美女の姿は、興奮度が高いこと間違えなし

「いいの?」嬉しそうにいいながら、部屋の中へ入ってきました。生斗はぎこちなかったのですが、タケルは意生斗が用意したコーヒーを飲みながら、味深な笑顔を浮かべていました。「もしかしたら」が現実となるのは、3人はピザを食べました。もう秒読みに入ったのです。私はタケルを横目でみながら、生斗の頚に腕を絡ませキスを求めました。ピザの味がするキスは微妙でしたがタケルは身を寄せて、私のスカートの中に手を入れてきました。

 

フィニッシュです~♪超美人ゆきちゃんの

反転すると、とたんに、苦悶の表情を浮かべる。しかし、痛いとは言わない。あくまでもゆっくりと。しかし、止まらず、クリトリスを弄ったまま、動き続ける。そのまま十数度も動いた時だった。「あっ」突然、小さな声が、かわいらしい唇から漏れてきた。いつの間にか、怒張を包む美肉に、新たな蜜が湧き出していた。クリトリスから手を離し、肘で躰を支えながら、両手で乳首を集中して攻めてやる。

ザーメンを奈か出ししてもらって代わりに、深く入った時に、躰をこすりつけるようにして、クリトリスを刺激する。「あう、あう、はぁうつ」もはや、はっきりと船岡の動きに合わせて、あえいでいた。ピッタリと巻き付くような美肉の中に、処女特有の引っかかりがカリを刺激する。何かを拒否するように、篤美が急にショートヘアを振り立て始めた。船岡の背中にまわされた華奢な指先に力が込められる。

ファックをお届けします
チンポを擦りつけたり、胸の谷間に

下着姿で黒人男性の

先生やこの教室は関係ないんです」わたしはそう叫んでいました。「全部、あんたがやっていることなの?栗色のロングヘアがキレイな、みんなからお姉様と呼ばれている人が言います。長らしく貫禄があります。鋭い眼差しはとても怖いです最年「はい。そうです」「ふーん。さっき、「は、は「マゾなのね?」どんな罰でもって言ったわね?「おもしろいじゃない」彼女たちは、「ふふふ」ドアが開きました。と笑っています「叔父様」叔父である東川栄介が立っていました。セックスだけでは飽き足らず週三回の


マンコに誘導し、ついに

「あら、遅かったわね」両側に美女を引き連れていますお姉様がそう言うので、知り合いのようです。「悪い悪い。とうとう、このバカ娘、本性をさらけ出したみたいだな」叔父様は笑っていますこれも叔父の仕掛けなのでしょうか。つまり、全員、ただの教室の生徒ではなく、最初からわかっていたことなのでしょうか。先生もニヤニヤと笑っています「おまえのために、セブン·シスターズを貸し切りにするんだ。大変なことなんだぞ」叔父様がそう言うのですが、「セブン·シスターズって「私から紹介するわ」わたしにはさっぱりわかりません。

フェラは断られました

チンポを貪る女は、愛液と潮と本気汁を溢れさせ、次々と

お尻をまさぐると我慢できなくなってきて

舌の根が千切れそうに痛くなり、舌全体が痺れて疲れてきても、ただ従順に勤めを果たす。そうすることでしか、自分の愛しい想いをこの年上の美しい人に伝えることはできないような気がしていた。時折びくんと女体が震え、「あああ!」と甘い声を上げてくれるのが、この上ないご褒美のように思える。それよりも、鼻先に当たる小さな肉の豆が気になった。顔をくっつけている亀裂の内側、ヌメヌメと光るその生肉のしのほうにあるその突起は、鼻先に触れるたび、持ち主のこの美人教師に、あられもない喘ぎを上げさせるのだ。これがいわゆる、ク×トリスというやつか。

挿入部分がパックリ丸見え硬くなった

まさかこんな形で愛撫する日が来るとは思わなかったは妙な感慨に浸っていた。まさか鼻で、なんて、と。立ち昇る独特の酸っぱい匂いにも、臭いどころか愛しささえ覚える圭介女体の反応に少しずつ慣れてきた彼は、舌を懸命に動かしながらも、やや積極的な責めに挑戦してみる気になっていた。さっきから鼻先をくすぐるその淫核を、鼻全体でぐいっと押し込み、ちょっとだけぐにぐにと動かしてみる「ああんし上から降ってくる反応は予想以上だった。舐めている股間がびくんと跳ねあがったので、顎に恥骨が当たって驚いたくらいだ。こんなときはどうしたらいいんだろう。童貞少年は一瞬迷い、それから両手でその体を押さえつけた。

 

バイブ責めで強制イカせ

ふたりはそのまま、シャワーを浴びるためにベッドルームをでました。シャワーから戻っても、彼のコックは固さを失っていませんでした。ふたりは再びベッドで横になり、毛布をかけました。ふたりとも心地よい眠りに誘われて抱き合いました。私は大きなクラクションの音で起きました。それは駐車場からでした。彼はまだ起きる様子ではありません。

拘束されている状態では、イモムシのようにもぞもぞとカラダを揺らすことしか出来ない彼のコックは相変わらず毛布を突き上げていました。まだエレクトは続いているのです薬の効き目に驚きました。起きる頃には効き目が薄れているだろうと思っていたからです。私は彼を起こさないように、静かにベッドをおり、素っ裸のままでコーヒーをたてるために、キッチンへ向かいましたまもなく部屋の中は、コーヒーの香りで満たされました。彼があくびをした声が聞こえたので、ベッドルームの様子を見ました。

股間に激しい刺激がくる
セックス上手な男と下手な男の境目は、肌を合わせてみたいと思う男性は、

マンコを引っさげて、たっぷりと

彼が寝返りを打ったのを見計らって毛布を捲くり、仁王立ちになっているコックの頭を叩きながら「おはよう」と声を掛けました。彼は直立したままの自分のコックと、それを眺める私の顔を見て、少し恥ずかしそうに微笑みながら、「おはよと返してきました。入れたてのコーヒーカップを受け取ると、う」美味しそうに飲み干しました「あなたのコックは休むことを知らないみたいねでもその理由は知っているから気にしなくて良いわよ」空いたカップを受け取りながら話しました。彼は微笑みました。そして「私のコックはエレクトしていますでもこれは昨日飲まされた媚薬のせいではありません若い証拠の<朝立ち>です」と言って笑いました。私の口から首筋、そして耳たぶか私の言葉を待たずに、彼のキスは身体を下っていき、上半身を起こして、彼は次の、ら乳首ヘと、キスを求めてきました。ピストンは、体位を色々変えながら更にエスカレートしていき、大量の


バイブをねじ込んで刺激すると気持ちよさそうに声を上げて感じまくってくれます

ほどなく私のアンダーヘアに行き着きました。茂みの中に顔を埋め、舌は器用に動いてクリトリスの周りを舐め続けました。彼の顔が、私の茂みの奥へ沈んだと思う間もなく、私は「ウッ」と声を出してしまいました。クリトリスすべて彼のコックを、付け根から先へ、を口に含んだのです。私も態勢を変えて、け根へと舐め回しました。彼のコックに近づきました。

オマンコが気持ちよさそうで期待が高まる男

マンコしてるんだろうな~とか、

アナルを散々輪姦され、各穴に

人に見られる事に抵抗はないけれど、見せたいとも思わないし、見られたからってそれで興奮する事もないから。パーティーで号泣してしまうような私は、乱交系でもない。彼も、少なくとも私とパートナー関係にある間は、スワッピングを楽しむつもりはないらしい。そして残るは、SM系。これが一番近いように思います。いわゆる主従関係。本格的にSMプレイをする訳ではないけれど、私は完全に彼のうになって、その証に首輪も買っていただきましたし。「従」という感覚。

パイパンでナイスボディな七瀬ともかちゃんの

お付き合いするよ首輪を付けた時の、精神的な安心感がたまらないのです。縛り付けてM字開脚させて言葉攻めしていただいたりとか、私がギブアップするまで突きまくっていただいたりとか、バスルームで放尿の躾をしていただいたりとか、乳首の責め加減が絶妙とか、蝋燭は熱いから苦手とか、アナルは無理とか、スパンキングは好きだけどやっぱり痛いから5回までにして欲しいとか……あれ、やっぱり私、全然M女じゃないですね。この程度の事、単なるSMごっこに過ぎないですよねでも、彼の仰る事には何でも従いたい。ただSMの世界ではよく「御主人様」という呼び方をするのだけれど、私はそれに違和感を感じる……。だって、私は「御主人様」が欲しいんじゃなくて、その人の事が好きで近くに居たいだけなんだもの。

 

クリトリスを擦ったり、シゴいたり、

いやそれよりも、留美先生は学校にいられなくなる。暗がりで生徒にあんなことをしてたなんて分かったら、学校中の先生たちから軽蔑の目で見られて、校長先生に怒られるしかし当の美貌の女教師は、余裕たっぷりの顔で若い男の同僚に微笑みかけた「あら、ご苦労様です。ひょっとしてこの生徒たちを探してたんじゃありません?「え?ええそうです。クラスでこいつらだけずっと来なくて……あの、梨田先生と一緒にいらっしゃったんです力?「ええ、そうですわ」さらりと留美先生が言ったので、圭介は今度こそ飛び上がりそうになった。「この子たち、旅館の中が珍しかったらしくて、人気のない部屋でかくれんぼなんてしてましたのよ。

バイブと可愛い声で喘ぎまくりたまたま私が見つけて大広間に連れて行くところなんですけど、本当に男子って、体は大きくても中身は子供ですねぇ」熱血体育教師は「そ、そうですか」とたじたじになっていた。この美しく肉感的な女性の同僚に、寄せていたのかもしれない。あっけなくけむに巻かれてしまった。秘かに思いを三人に軽くげんこつをコンコンコンと喰らわせて男性教師が消えると、留美先生は何事もなかったように皆に取引を持ちかけた。分かったわ。それじゃあ、さっきよりもっとエッチで、君たちが好きそうなことをしてあげる。そうね、夕食が終わって入浴時間中の七時半ごろ、いまから言う場所に来て。

股間に電マを当てると感じた声とお汁が漏れ出てきちゃいました
フェラ奉仕がスタート

クリトリスと同時に攻めてしまう

「感じちやったの?おんなじ女性にいじられて?」胸をもみながら聞いてみる。中心の突起もかたくなっていた。「さあ、おうちの電話番号言う気になったかしら?」返事を聞くためにガムテープを外す。「おねーさぁ…ん…えっちな気分になっちゃったよーお願い…したもいじってぇ…」この子…ばかなんだろうか…普通泣いたりとかじゃないのかな「おうちの電話番号教えてくれたら、続けてあげる。」「わかったよ…」こうして、女子高生から電話番号を聞くことができた。すぐに親に連絡をしよう。いい子ね、じゃあ外してあげるね。今からおうちに電話するわよ」手錠やらを外す「約束はっ…?」女子高生が何か言い出したが、「もしもし、こちら」電話がつながった。熟女好きも、そうじゃない人も楽しんで頂ける作品です


チンポはビンビンに

「ちょっとおねーさんっ」電話途中に女子高生が後ろから抱きついてきた。そして、私の体をいじりはじめる。お尻や胸、あそこを女子高生にいじられて「こ···ちらに···おたくのお子さまぁッ、がいらッ…あぁっ…は…」ぃっちゃうよ…「おね-さんの身体エローい!ぬるぬるー!」「もうっ、わかったわよっ!いかせてあげるから電話中は大人しくし…」ツーツー、ソ怪人集団いじめ「はぁ、はぁっ」レッドは細い路地を走っていた。(あと一回しかシャイニングビームは使えない!)路地に怪人達を誘き寄せれば、まっすぐに伸びるビームで怪人を倒せると思った。だが「つーかまーえたよ」「な!後ろから.何故!」「この路地は,本道…。出てくる場所もお見通し…。」そして、怪人達に囲まれてしまった。両腕を筋肉質な毛深い怪人がつかむ。「どうする気だ!」「どうする…?今まで散々コケにしてくれましたね?」目の前の魔法使いの怪人が言った。

オナニーを始めてしまう

人妻、気になった事ないですか

セックスで年月を埋めていきます

」「じゃあ、2万!私のうんこ食べて!」こきたない女の子が言う。「ば…パ지無理、無理!!にせんえん!ここで脱いで!周りは女の子だしいつか...。上着を脱ぐ。下着になる。「どお!?いいでしょ!」「パンツじゃ、2千円だろ」女の子たちがざわめく。しょうがない...。全裸になる。「あははははははは」小学生の女の子たちに笑われる。「お金欲しさによくやるね!」「きも-j「さあ、お金ちょうだい。もういやつ。

オマンコに押し当てていく

私はあまりの屈辱に帰ることにした帰るね」「何言ってるの?こんなに囲まれてるんだよ?帰れるわけないじゃん。」はっとした。その時はもう遅かった。女の子たちにおさえこまえた。手がからだにふれる。「そうだ、くすぐりつづけたらどうなるかな!」「やろうやろう!」女の子たちは手をわさわさ動かし始める。「あはははははははははははははやめてっ、ああははははひは」やめてくれない「ははははぁっ、おねがつはははっあ、やめて」「ひっひはははぁっはぁははははははははははははははははははははダメー、おしっこ漏れちゃうつ!「ああああ一つ」ばやつ、汚いっ」「だめ、やめちゃ、死ぬまでくすぐらなきゃ」おしっこ漏らして、小学生に罵倒されくすぐられ、先輩が後輩に命令されて.1「アハハハハ!本当にやってるし!」放課後の美術室今日も後輩たちの笑いもの。全裸でお尻の穴に絵筆を挿して絵を描いているところです「はるか先輩、きもーい」「キャンバスからはみ出てますよ?」「いや、それがはるか先輩なりの芸術?みたいじゃない?」「は···ああツふぁッ!気持ちイイ!もっと、はじゅかしい命令してください...。

 

セックスをしたいと言う麻紀ちゃんでしたが、男の

ちょっと、邪魔だったから」すぐ背後の暴力的な音に、悲鳴を上げさ優子は、それでも甘く囁くが、た」布きれだ「いやあ首を回して、見ると、優子と島津の手には、布がある。真菜のバスローブ「だっわずかに声を漏らしてしまう。手首が縛られているゆえに、バスローブを完全に取り去れないはずだった。は、破り取られてしまったのだ。しかし、身体を覆い隠してくれるモ「ああ、これで」「そうよ。もう着られないの。「あああ」みんなと同じ。一緒に、ね」手首と足首を縛める、ホンのわずかな紐以外、身にまとうもののない裸身。

乳首からゆっくりとどうしようもない、頼りなさが、これから起こることを、真菜に刻み込んでくるようだ。背中をぞわりと何かが通り抜ける嫌悪とも、恐怖とも、似て異なるただ、何よりも、考えたくないのは、背中を通り抜けたものが、快感にもにていることだった。「いやあ」寒くもないのに、ヒザが震え、眼を閉じた顔をクナクナと振る。自分が良いと言ってしまったとは言え、この身体を、今日初めてあったオトコに、これから自由に弄ばれねばならぬまだ、指一本触れられぬ、今。真菜の背中をゾワリと登ってくるのは、快感の甘い予兆なのか、悪寒なのか、はたまた、我が身を見知らぬオトコに委ねる被虐の香りなのか。島津の繊細な手が、としたのだ。

アナルもかき回す空前絶後の
巨乳窮屈そうにブラからはみ出ている

オマンコの奥を激しく刺激

その度に、ハラハラしたり、なんて初めての経験だった。ホッとしたりと光太郎も忙しい車窓の景色よりも、一緒に旅する人間に気を遣うようやく宿に着いてからは、二人とも黙り込みがちだった。光太郎だって、童貞というわけではないが、真菜のような高嶺の花と婚約し、いよいよこれから、その身体を自由にできるのかと思うと、自分でも思わぬほど緊張が高まってしまった。もちろん、真菜は、夕食にもろくに手をつけないほどだった。せっかくの部屋に付いたプライベート露天風呂も一緒に入るどころではない。オマンコが登場し、ちょっと触っただけで白く泡立つほどヌレヌレになっちゃうひかるちゃん


オマンコを激しく突き上げて大量の

光太郎としては大奮発したのだが一緒に入ろうと言うには、あまりに真菜の緊張は強かったのだ。結局、大浴場の方に真菜は行き、一人でのんびりと星空を眺めるハメになった。普段なら、黒く迫る山並みとこぼれ落ちんばかりの星空に、感動するところだったろうが、このあとのことを考えると、ドキドキするばかりだ。どうせ女の長湯と思い、どうにも落ち着かなぃ。見たくもないテレビを見て時間を潰してから、露天風呂につかっていたのだが、やはりそれだけに、部屋に戻った時、既に布団に入っていた真菜に驚いたし、そのうえ、間、浴衣の下に邪魔な下着を身につけていないことを感じて、大いに驚いたのだ布団に身体を滑り込ませた瞬今まで、強引に口説いて、ペッティングまでは何度かしてきたが、頑としてパンティーを脱ぐことは拒み続けていた真菜だ。

フィニッシュです♪

乳首を攻める笑顔、馬乗りに乗りながらの笑顔、恋しちゃいそうです

騎乗位、バック、立ちバックと変り、ラストは正常位で

ジョボジョボジョボ女医さんの新鮮なオシッコを有り難く頂戴します。「おいひいですぅ…」「ちゃんと舐めてきれいにしてね」「ハイ」女医さんのアソコをきれいになめる。「おいしいです」舐めてるだけで乳首がピンピンしちゃう…チンチンも…「あれー、すごいがまん汁。」「私もさっきまで焦らしていたのよ」マットにしていた女医さんが言った。「じゃああたしももっと焦らしてあげる」「嬉しいですぅ」ああーんまた焦らされちゃういつもがまん汁が床まで垂れていかないとイかせてくれないのよね…手術ごっこしよ。」「いいわよ。

チンポに囲まれ、しごき&

じゃあさっさと須藤さんを身動き取れないようにしましょ」二人の女医さんは私で手術ごっこするらしい。私はベッドにくくりつけられた。またきっと恥ずかしいことをされるにちがいないと思う...。「じゃあこれをチンチンに...。薬をチンチンに塗られた。」「ああっ」なんかヒリヒリする「これでチンチンの感度上がったよ。」「あああ」だめえチンチンビクビクしちゃう...。

 

ローション責め、強制

あまりにも大きな穴はすぐに気付かれ、不審がられるだろう。約五ミリほどの、まさにピンホール的な大きさが望ましい。周りを気にしながら穴を穿つ間、ドッと疲労が押し寄せる。「細工は流流、仕上げはごろうじろ幸一はピンと張り詰めた糸のように緊張している。うまく工作が終了すると細工を施した穴を満足そうに眺めながら、「山崎真智子の便所をいつ覗くか幸一は家路へと急いだ。

フェラでしゃぶりあげてくれます頭の中はそのことでいっぱいであり、叫び出したいような幸福感に包まれていた。醜悪な光景幸一が中学校二年生を終える頃、アキは高校を卒業する。アキの進路は夏休みのうちに、縁故で東京にある小さな会社に就職することが決まっていた。就職が完全に決まったあたりからアキは近所の美容院に足繁く通い、化粧の手ほどきを受けるようになった。アキは何もせずとも美しい娘に成長していたが、化粧をするとさらに映える。

バイブで開発され、頭の中は放心状態丁寧な
チンポを優しく微笑んで懸命に

美少女と彼氏との濃密なSEXをすぐ横で覗いているようなワクワクする作品ですよ

大人数による食事と入浴という夜の二大イベントが終わった後も、生徒たちのいる旅館の灯が消えることはない。就寝までにはもうひとつの行事、「各班ミーティング」というものがあるのだこれは昼間の行動班ごとに集まって、本日の行動の反省と明日の予定の確認をするもので、食事前の全体反省会の総論を実務レベルで落とし込む各論のようなものだ。あくまでも修学旅行は学習の一環なので、一日の終わりに学習計画をきちんと予習·復習させておこうという学校側の意図である。しかし教師の考えがどうあろうと、本音では生徒は誰もこんなことはやりたくなかった。人間、腹いっぱいになって体がさっぱりすれば、寝るまでリラックスしたいのが本当である。乳首をつままれて感じまくるれんちゃんは、あっという間に


素人娘ノアちゃんをハメちゃいました

従って、旅館の研修室でクラスごとに行われるこのミーティングには、参加者たちのモチベーションが下がりまくっていること、はなはだしたかった。教師は立場上にらみを利かしていたが、やはり本音では早く教師用の部屋に帰って旅館側が用意した酒宴を楽しみたかったに違いない圭介、武彦、雅之の三人もまた、このだらだらとした空間の中で、おざなりにペンを走らせている……はずだった。しかし、他の生徒たちが机に肘を突き、あくびを噛み殺しながらぼうっとシャーペンを走らせている中、彼らだけは妙にギラギラした目をして、この研修室の担当教師を見つめていた。もちろんそれは、さっき内湯でバスガイドの静香さんをイカせまくった、梨田留美先生である彼女はジャージ姿ではなかった。生徒は男女ともジャージだし、教師にもそれは許されていたから、ジャージでも一向に構わなかったのだが、敢えて自室に戻って私服に着替えてきたらしい。