「爆乳に押されてしまうので十分」タグアーカイブ

股間へを滑り希の敏感なところを責め続ける

顔射やなど腰振りは

中出しされて、精子がしっかり

ムダな肉ひとつ無い、しなやかな身体を全て男に差し出して、突き出した尻孔に指を深々と入れられているのに、美肉をグッと貫く怒張を、「あぁああああ腸壁越しに、指がフニフニと感触を確かめている。身体が、どうされているのか、もはやわからない。美しく整った唇が歪み、閉じられぬ端から、涎がツっとひとしずく。床にこぼれたその瞬間、遠藤が、白い毒液を深々と放つ。熱いしぶきが子宮を満たしてくる快感に、真菜の身体が限界を超える。「あっ、くつ、く..」もはや声が出ない。

騎乗位で僕のチ〇ポを自ら咥えこみ、いやらしく腰を振り始めた

尻だけを高々と男に差し出しながら、真菜の視界が暗くなっていった。エピローグノクターンの調べが静かに響いている。真っ暗な観客席を包み込むように響く穏やかなピアノの音白く、まっすぐな背中は、鍵盤に指を踊らせ、ペダルを踏むたびに、淫らな動きとまがうがごとく、うねうねと動き続けていた。黒いイス、黒いピアノ。動き続ける白い鍵盤、白い裸体。観客席からの視線を一身に集めながら、ただひたすらに曲を弾き続けねばならない。ピアノの下から覗く、しなやかな脚の間も、なぜか、下からスポットライトに照らされて、正面の観客には、丸見えのハズなのだ。

 

中出しSEXをお楽しみくださーい

とっさに、テーブルの天板を外して座布団を置いた上。さっきから、濡れた場所をじっくりと足指で「検査」されながら、真菜は、快感に悶えてしまった。次は、ビショビショになった秘所をじっくり見てやろう、と言われだけで、羞恥に喘ぎ、早くも快感の虜になったかのように濡らしてしまたのだ。コタツから出るときに、スカートは取り去ってしまった。下着だって、とっくに脱いでいる。ゆったりとした部屋着の裾が、かろうじて、恥ずかしい場所を隠してくれているが、にょきっと長い脚は、真正面に立つ光太郎を挟んで、大きく広がっているチラリとめくられれば、恥ずかしい場所が丸見えになってしまうはずだった。

マンコのビラビラの形も、もう私の大好物しかし、光太郎は、優しげな声で、さらなる真菜の羞恥を命じてくる。「全部脱がないとね」上半身まで、命じられた通りにすれば、明るいリビングのど真ん中で、すっぽんぽんのまま、コタツに座ることになる。育ちが良くなくても、そうそう、コタツに腰かけるものでもない。しかも、裸で、なんてありえないまして、真菜のようにしつけが厳しい家庭に育ったら、まさか、そんな品のないことを考えたコトもなかったけれど、強烈な違和感が恥ずかしい。それだけに、背徳的ですらあった。「さあ、早く」光太郎に促されるままに、真菜は、動き始めるしかない。

フェラチオ、喉の奥まで
マンコに思いっきり硬くなったちんぽで奥までずこっりと

調教された男達が本領発揮

私の目の前で、妻の細くしなやかな指先が、私以外のオトコに伸ばされるのです。それは、まだ発展途上の怒張にスルスルと巻き付いていきました。「ああ」少女のようなため息を漏らすと、皮をかぶったままのオトコがひくりと震えます妻が、たおやかな手首を返すと、それに連れられて、先端まで覆っていた包皮がズルリとめくれ、ピンクというより赤に近い先端部が顔をのぞかせたのです。「建太、ちゃんとここ洗ってないな私の言葉に健太は消え入りたげな仕草です。仮性包茎特有の白っぽいチーズのようなカスが、敏感そうな亀頭の周りの所々についていました。「すみません。ファックを展開です


オマンコを弄りながら感じていく

だって……」ちゃんと教わらないと、こんなところまで洗わないのは良くあることです。「奈緒、キレイにしてあげないと」すでに妻の目は、魔物に取り憑かれたように妖しげな光を放っていました。私の言葉にコクリうなずいたとき、確かに、舌先がペロリと唇から覗きました。「まさか」私はレジの脇にある、ティッシュを取ろうと動きかけたのをピタリと止めました妻が建太の前に向き直り、跪いたのです。「おい、まさか」妻が何をやろうとしているのか、もはや明確です。