「フィニッシュすると、可愛い」タグアーカイブ

オマンコにモノをぶち込みます

ザーメン発射すると、乱入男がさらに激しい

マンコの奥へと入り、久々の

「7つ」怒張が奈緒の中で一瞬大きく膨らみ、子宮に熱いしわぶきを浴びた。その感触が、奈緒の躰の中で、白い津波をその波頭が奈緒の脳を吹き飛ばす。しがみつくように両手を回し、大きく砕けさせ、船岡の背中に、両脚をこれ以上ないほど広げたまま、奈緒の意識が……跳んだ。気がついた時、船岡の上に座り込むように乗ったまま貫かれていた。たゆたうような動きで、じっくりと腰を掴まれ、動かされていた。

ザーメンを絞り上げると、今度はメイドコスプレでガ

「起きたかにわかに、尻たぼをすくうように躰を持ち上げては、落とす動きになる。「あああん!」強烈な摩擦感だった。その上、落ちる瞬間に、躰の奥がズンと突き上げられるのだ。子宮が突き上げられるのだ。「ああ」くなくなと首を振った。打ち消せない快感が、黒い澱のように腹の下に溜まっていた。ずいぶんスケベな躰になったもんだ」スへ、たまんねえなあ。失神するとはな。「いやあ。そんなこと、ああ!」ない、と言おうとした瞬間、片手が奈緒の乳房をぎゅっと押しつぶすように握りしめてきたのだ。胸からも、強烈な快感が突き上げてくる。

 

マン汁を溢れさせ始めると、もうたっているのもやっというという感じさえします

こうなってくると、小林も、修学旅行に来てコクるのを楽しみにしている中学生と大して変わらない。真菜が一人っきりになるチャンスを始終窺うことになる。しかし、もちろん、なんと声をかけて良いものやら、いくら小林でも迷う。スケベだが根はマジメな小林は、女遊びをしてきたわけでもないのだ。学生時代は、それなりに彼女ができても、仕事の忙しさでついつい疎遠になっているスキに振られてしまった。

肉棒をおいしそうにしゃぶるもっか、彼女いない歴1年になろうとしている小林なのだ。その小林は、真菜の後をつけるようにロビーにまでやってきた。ちょうどロビーに出た瞬間、携帯が鳴った。真菜の携帯だとっさに柱に隠れてしまった小林だった真菜は、向こうの柱の影で、携帯でなにやら話している親しげな様子だ。「ダンナかなあ、相変わらず、仲良いんだ……」夫と仲の良い人妻に、いったい、何をどうしようというのか。自分がひどく空しいことをしているのは、では分かる。

マンコを堪能いたしました祝
バイブを舐めながら感度を高め、

膣奥に出させていただきました

彼女は、お尻を横切るバラ色の鞭跡の痛みに息をのんだ。同時に、電流のようなものが脊柱を駆け上り、首の根元まで走った。彼女は、激しい苦痛に耐える間、興奮からではなく、枕に体をこすりつけた。まだお尻にあった手はドクターが下がると離れ、ドラの背後で鞭が小気味よく風を切った。彼女は再び打たれ、また打たれた。三回目の鞭は、ついに彼女を叫ばせた。ドクターは、”定のリズムで彼女を打ち始めた。エッチのほうへ流れていく


JK制服が似合いすぎる彼女は

彼の鞭は、一打ちごとに充分な強さで打ちおろされ、彼女の白い肌にきれいな赤いみみずばれを残した。彼は、ドラの大きく開いた太ももの裏側も打ち、彼女を泣き叫ばせた。それから、腰の両サイドも打って、拘束された体が動ける限界まで、彼女をのたうちまわらせた。やがて、攻撃の矛先が彼女のお尻に集中し、ドクターがその燃えるような頂に新しいみみずばれを重ねてゆくと、ドラは大声で泣き叫びはじめた。彼女は限界で、もうこれ以上耐えられそうになかった。