「フィニッシュすると、もう一人はなんと」タグアーカイブ

乳首も敏感にピンコ勃ち

フェラ女達はマングリ返され、女体盛りにワカメ酒と大豪遊おまけに女の菊門に菊の花を挿す始末至る所で

オマンコを掻きまわし、下品な見せつけ

次の瞬間、スーッと襖が空く音がした。頭上でパチパチと電気が点く。見回りの男性教師が部屋に入ってきたのだ。圭介はくるまった布団の中で息を詰めた「おうおうおまえら。寝たふりが上手いなぁ。さっきまで起きて話してたろ?」若い体育教師の声だ。いかにも爽やかなスポーツマンといったキャラで、憧れている女子生徒も多いらしいがEから降ってくる声には、どこか投げやりな響きがある。他のベテラン教師が部屋で酒を飲んでいる中、面白くもない見回りをやらされて、少し腐っているのかもしれない。圭介は秘かに心配した。

ローションを塗り楽しむのが最近の流行となっております

その不満が、乱暴な行為にっながればたいへんなことになる。面白半分に掛け布団をへっぺがされたら一巻の終わりだ頭ではその心配をしながらも、一方で彼の五感はこれ以上ない幸福感に包まれていた。布団の中を満たす甘い匂い。はぁぁぁと囁くような声。すっぽりと覆われた暗闇の中から、どこか悪戯っぽく見上げてくる瞳。そして手のひらに、腕に、脚に、つま先に触れる柔かな肉の感触晴らしいものなのか。ましてや、相手は憧れの留美先生である女性と一緒の布団にくるまるというのは、こんなに素この回避行動について、彼は深く考えていたわけではなかった。他に選択肢がなかったのだ。

 

肉棒を一緒に口に含める大胆さ喘ぎ声も厭らしく、前後から突かれ吠え捲る最後の

弱い私だけど、他の人でイかなかったから、よかったんだよねまぁくん?って。あそこの入り口で、明らかに振動音が濡れてた。心が安らいだ分、躰は私の、オンナの躰は。「……申し訳、なかった。結局私は、君に何もしてやれなかった」またあの場所から聞こえた係長さんの声。でも、それはゆっくりと上がってきてた。「すまない」声は胸のあたり。「だから……」声は首のあたり。

アナル汁を溢れさせたみきてぃは、どっぷり「こうするしかない」胸、おなか、脚、いろんな部分が密着してた。男の人の肌の係長さんの朗熱さはっと気づいた時、目の前に、感触、匂い、何かがあそこに触れてる。それが何かはもちろん分かっていたし、かも分かってた。でも、私はそれがこれからどう動こうとしているの「あっああああっ」表情も変えずに私を見てた。係長さんが見つめる私は、他の人に入れられた私の、顔。

フェラでじゅるじゅるペロペロ舐めまくり吸いまくり
ザーメンぶっ掛けて

巨乳を揉みまくり♪

いつまでたっても残る排泄行為へのかたくなな羞恥は、ミュウの僕は「後でご褒美をあげようといって、プラグをいっそう深くねじ込んだ。よろこびに身をうねらせるミュウを見ながら、佐久間が「おまえ、ホンっとにSだな」と、ぼそっとつぶやき、気を取り直したようにアキちゃんの股間へ手を伸ばした。「アキは、ここが一番感じるんだよな」佐久間はそういって、クリトリスのリングを少々乱暴に引っ張った。た声をあげた。「ミュウ、アキちゃんのクリトリスにご奉仕してあげなさい」アキちゃんは眉を寄せ、「うん」とくぐもっミュウは「はい」といいながら、嬉しそうにアキちゃんのそこに顔を埋めた。僕の命令に、佐久間も「アキ、ミュウちゃんのアナルをきれいしてやるんだ」と命じ、少し上気したアキちゃんは、「はい」とハスキーな返事をして長い舌を伸ばした。人妻は、惜しげもなく秘部の秘部までを自ら接写


ファックを展開してくれます

テーブルの上で、きれいな女の子達のラブ·ブレーが始まり、僕と佐久間は、また呑みたい気分になった。「アキちゃん、アナル·プラグを出したり入れたりしてみてくれるかな。クリトリスをつまみながらがいいな「ミュウちゃん、アキのアソコに指を二、三本入れてやってくれ……そう、リングを引っ張りながら」「次はミュウの乳首をかんでやって。そこ、大好きだから」「アキ、お尻にミュウちゃんのプラグをもらいなさい。入れるところが、良くみえるようにな僕たちはあれこれ注文をだしながら、ビーチの夜を大いに楽しんだ。