「ファックを展開すると、悲鳴のような喘ぎ声を上げるりなちゃん」タグアーカイブ

マンコからネットリ糸を引くドアップ映像はお薦めです

パイズリもちゃいます

フェラに我慢できなくなった男は一気にまきちゃんの

「ミュウが奴隷だっていうのは?答えを分かっていて、わざとそう訊く。「ごめんなさい。それは……まだ」ミュウは「ううん」と首をふって、僕はミュウを抱きしめた。一生、僕の胸の中で「言わなくていいよ。内緒にしておけばいい」「うん」しばらくそうして動かずにいたが、やがて思いついたように、ミュウは、「久我さんも、とうなずいた。カミングアウトはしてないの?」と、顔をあげた。してないよ。僕が本物のsだって事は、あの佐久間さえ知らない」「えっ、佐久間さん知らないんだ!でも、佐久間さん、アキちゃんと暮らしてるよ」「えぇっ!」今度は、僕が驚く番だった。

オッパイをタプタプと揺らしながらよがりまくる娘に大興奮

「だって、あいつノンケのはずだけど」「プレイまでしてるかどうか分からないけど、てた」「あいつに奴隷は無理だろうとにかく先週から佐久間さん泊まりっぱなしだって、アキちゃんいっ僕は半信半疑だった。とまどう僕をよそに、ミュウは夏休みの予定を話し始めた。ねえねえ、夏休み、アキちゃん達とどっか行かない?」「それはいいけど、向こうも予定があるだろう」ミュウは訊いてみる」と、さっそくアキ女王様に電話をかけた。海だの山だの温泉だのの地名が次々と飛び出し、気の置けない女同士の会話が続くしばらく賑やかに話したあと、ミュウは電話口を押さえながら僕を振り返った。「葉山にある、アキちゃんちの別荘はどうかって」きけば、アキちゃんの本名は九条暁子といって、五代続けて政治家を出している、もと華族の家柄なのだそうだ。

 

オマンコを刺激しまくって甘い声を上げてくれます

こんな事を何度繰り返したところで、究極のセックスを体験できるとは思えないけど……これ以上の刺激って何があるのだろう?私のような初心者がいきなり複数プレイにチャレンジというのに無理があったのかも知れきっと今の私に必要なのは、マンツーマンのレッスンだったのよ!そもそも、ない。そう、コスプレの王道メイド服潮噴きにチャレンジ!ハプバーと乱交を経験した事で勢いがついた私が次に目をつけたのは、顔もスタイルも性格もテクもすべて完璧な奇跡の人!という評判の方。その方の事も某SNSで知ったのですが、まずは日記に何度かコメントして、少しずつ仲良くなってみたところ、確かにかなり経験豊富な様子。その頃には私もかなり知り合いが増えていたので、彼を直接知っている人にもさりげなく聞いてみたのですが、みんな口を揃えて彼は評判通りの人だと言っている。この人なら私をイカせてくれるかも知れないとは言え、そんな伝説の人が私なんかとデートしてくれる訳ないと思っていたのですが、モテる人ってマメなのね。

熟女の表情は愛おしいたまたまその時、彼が潮噴きについての日記を書いていたので、私も一度でいいから潮噴きしてみたいですってメッセージを送ったら、すぐにデートの約束をしてくれました。うふ。待ち合わせ場所に現れた彼は……どうしよう……予想以上のイケメン!私、あまり外見はこだわらないほうなのだけど……これは……素敵すぎます!!目的は1つなので、ホテルに直行☆時間があれば喫茶店でお茶しても良かったのですけど、を気にしながらヒソヒソ話するよりは、ホテルに入ってから話したほうが落ち付くのです。周りの目まずは、お互い普段はどこでどんな遊びをしているのかなどを簡単に自己紹介。人かいたので、話が弾む共通の知り合いも何一通り会話が済んでから、シャワーを浴びてバスタオル姿になり、まずはソファーにて、おもに舌で愛撫していただきました。私的にはもうちょっと強引で強い感じが好きだけど……あつでも、こんなに優しくされちゃうとトロけてしまいそう。

バイブを突っ込んじゃいます☆激しい
バイブのダブルで絶頂直前まで責められ、焦らし寸止め

オマンコを攻められついでに

「それ、もっと淫らに、欲を受け入れるがいい。それがお前さんの現世の未練なのじゃからな」「ふぁぅ、和尚さんの指、動くたびに、わたし、熱くなって蒸発しちゃいそう」ついには閉ざしていた生娘の門がじんわりと開き始めた。そしてごく薄い羽根の奥からつう、と蜜が流れ出した。「ください。男の人をください。お願いです」「よし、くれてやる。成仏したくなったら、いつでもするがいい」和尚は腰を進めると、繊細すぎるほどに柔らかな花弁に先端をあてがった。「く裂けちゃう、う、ごめんなさい。なんか、壁があるみたいな......。もっと優しく。肉棒をシゴくシーンなんかは


オマンコを弄られると大悶絶してくれます

ああっ、卵ほどもある和尚の先端を飲み込むには、処女の秘穴はあまりにも狭かった。幽霊とはいえ、破瓜の痛みは感じるのだ。「男が欲しいと念じるのじゃ。そうすれば、「男の人が、ほしい、です……」「もっとだ。もっと大きな声で自然とお前の身体が開く。それ、口に出して言ってみろ」くちゅん、と秘穴が緩んだ。「続けるのじゃ。声にしろ。自分がどうしたいのか、「ああっ、入ってくるぅ。