「オマンコは濡れ始めています」タグアーカイブ

拘束した後、さらにみゆちゃんの服を脱がす

フェラチオと手コキで抜いてくれる

オマンコに入れ替え

まぁくんが聞いてるかもしれないからこそ、狂いそうなくらいおま゜こが熱くなる「さあ……もう一度大野くんと話すんだ」助けを求める私は、首を曲げて係長さんの顔を見ようとする。らめる。そして、受話器に向かう。でも、口の端の小さな笑いだけ捉えて、あき「えみりん!返事して、えみりんっし「あ、うん。どうしたの?まあ、くん……っ」純度百パーセントの、ウソ。まぁくんを安心させようとつくウソの裏で、逞しいおち○ぽをもっと激しく味わおうとしてた。私はお尻をくねらせて係長さんのまぁくんの言葉が止まったのは、そんな瞬間。

オマンコ広げながらクリちゃんを集中的にいじっていると、そのまま体をぴくっと反応させて昇天です

ギシギシっていう音と、濡れた音だけが周囲に響いてた瞬間に、まぁくんは。「……誰か、いるの2心が凍りつきそうだった。でも躰は。「ば、ばかぁ……いるわけ、ないよぉ!「なんで、そんなこというのヘンな、まあ、くんっ」「ただ、からだの調子が悪いだけだよ?」ね、心配しな、いで……まぁくんは、まぁくんで、おしご、と、がん、ばって」必死に紡ぐ言葉。まぁくんにホントのことを知られたくないからなのか、早く躰の奥になにか熱いものが欲しいからなのか。スラスラと出てくる自分の言葉の意味が自分でも分からなくなってた。

 

チンポ君は至福の時間

舌先が、クリトリスを弾いたのだ「ああ、いや、だめ、感じてなんか、ない、あう、やめてぇ」一度突き抜けた快感は、意志の力では止めようがなかった。篤美のむなしい抵抗をあざ笑うかのように、ふくらみかけた胸を、やわやわと揉みしだき、小さなクリトリスに舌を遣い、乳首を指先で転がしてくる。その一つ一つから、どうしようもない快感が湧き出してくる。頭の中に、ビンビンと電気が流れるような、激しい快感だった。「健太が見てるのに。ダメよ、我慢しなくちゃ」懸命に健太のことを考えて、こらえようとするが、乳首を転がされる度に声が漏れ、舌を使われる度に、足が自然に広がってしまう。

オマンコの中も・・・「あっ、あっ、あうっ」腰がうごめいてしまうのだ。「ああ、だめぇ、はいってきちゃ、クリトリスがクチュっと舐め上げられるとヒクンと短い声が、ぬちゃっとしめった音がして、そのくせ、いつの間にか、脚がこれ以上ないくらい広がってしまっているのだ。篤美の声から漏れ始める。我慢しようとしても、舌が、篤美の秘唇の中に、そっと忍び込んでくる。だめぇ」舌を差し込んだまま、鼻が、篤美のクリトリスを巧妙に弄んでくる。「あうう、電気みたい」甘い電流のような物が、そこかしこに生まれていた。

勃起させると、パンティ丸見えの状態でしゃがみこんで男の
フェラで奉仕すると、いやらしい音を立てまくります

マンコをおっ開ろげるシーンは最高の抜きどころ

シャワー室もあって、プレイする人は事前にシャワーを浴びるのがルールなのだとか。雰囲気を盛り上げるためのランジェリーやコスプレもいろいろ揃っていますとりあえず2人並んでカウンターに座り、話が弾む。良く見るとバイブやら何やら、ろいろ置いてあるけれど、単なるオブジェと化している。ほんとに普通のバーみたい。エログッズがいスふと隣を見ると、あら、いつの間にか若い単独男性が。この人、会社お休みなのかな。それとも外回りの最中にここでサボっているのかしら。バイブで堪能し、熟妻のネバネバとした唾液たっぷりの


熟女の奈々子さんの滅多にいや絶対見ることのできない素顔を初公開

結構かっこいい!でもなぜか全然ときめかない私。単独男性を無視してビールを飲みながらガールズトーク続行。私的にはここまでで十分満足してしまったのだけれど、せっかく来たからコスプレに着替えることに。ここでセクシーランジェリーを選んだのがいけなかった!もう1人男性が参加してきて、あら、これっていわゆる3P?このままプレイルームに行けばパラダイでもどうしても気持ちが冷めてしまう。それなりにいろいろ期待してたのに、いざ妄想が現実化しそうになってみると、特に楽しくもなければ興奮もしない究極のセックスを追い求めて何でもチャレンジしてみるつもりで来たけれど、面倒な気分にすらなって来て、もうしばらく居るというマリアちゃんを残して1人であっさり帰ってきてしまいました。