「エッチなセフレのリクエストに応えて」タグアーカイブ

口内発射されておりますよ

オナニーも恥ずかしそうに告白

下着美女を気持ちよくさせる物語

また、彼も、私のおしっこをこぼさず飲み干してくれる。あれほど、つまらなそうに、バイトに出かけていた私の浮ついた顔色を見て、間抜けな旦那も、気がついたらしい。何度か、私の入浴中に私の携帯電話をチェックした形跡が見られた。そんな、ある日の晩。「お前、バイト、まだ続けるのか?」子供たちが寝静まった、夜の8時。夕食後、居間で、テレビを見ていた旦那が、台所で食器を洗っている私に話しかけてきた。

マンコに指突っ込み、

「あなたに関係ある?」私は、つっけんどんに答えた。実は、旦那は、結婚1年目、私が妊娠中に、浮気をしているのです。腹いせに、私も、旦那の友人に相談を持ちかけ、そして浮気。それから、2年後にも、彼は社内の既婚者の女性と浮気·.別れを切り出したのですが、自分の両親が、子供の頃、離婚していて悲しい目にあっているので、子供のためにも離婚だけは避けたいとのことで、彼の通帳をすべて私が握り月のおこずかい2万円を渡すことで離婚回避。子供が、一人っ子では可愛そうだということで、二人目を出産。そんな、いきさつがある私たち。

 

アソコをペロペロ舐め合う

「え、」光太郎は思わず声を出してしまった。封筒には、切手が貼られていなかった。いったい、なんで?よく見ると、極薄い浅葱色をした封筒には、配達された郵便物につきものの、それらしき汚れも見あたらない。だとすると、考えられるのは二つしかない。直接持ってきたか、あるいは、別の封筒に、それも、もっと大きな封筒に入っていたか、だ。さっきの話では、いくら何でも直接会っていたとは考えられない。第一、もし、直接会っているのなら、そもそも手紙にする必要もないのだしだとすると、別の封筒に入っていた、と言うことだ。

フェラを展開すると男は我慢できなくなってきて本番へしかし、真菜は、そんなことは一言も言わなかった。聞けば教えてくれたのかもしれないが、積極的に言わなかったのは確かだ。「そういえば、初めから、裏返してたよな封筒」いや、真菜らしいキビキビしたやり方だと思ったが、よく考えれば差出人を見せつけるかのように封筒を置いていた。不自然だった。その時はその不自然さに気がつかなかったのだ。前島、の名前に気を取られていて、「って、ことは、何かがある」妻の秘密の匂いを感じた気がして光太郎は、一気に緊張が高まった。

オマンコの匂いが充満女達を一列に並べ
オマンコを軽く刺激すると、ユリちゃん自ら

ローションをたらされると、体操服透けまくり☆おっぱいを刺激されると可愛い

今にもエッチな汁が垂れそうで、すごくいやらしい「ああ……っ!もっと言ってぇ、ゆうこのこと、えっちな言葉でいじめてっ!」「いいよゆうこちゃん。おま。こ、ゆうこちゃんのおま。こいやらし過ぎて、僕のおち。ぼをすぐ食べたいみたいだよ」そう言って、僕はその濡れ濡れおま。こにしゃぶりつく。少しでも、主導権を握ってたくて。「ああんツーいいよぉ、舐めてッ!」もっと舐めてくださいっ!ゆうこのいやらしいビラビラとか、クリちゃんとか、舐めて、またもや淫語連発。女の子が「クリちゃん」って自分から言うのなんか、えっちな小説の中だけだと思っていた。ゆうこちゃんはそんなえっちな言葉をめちゃめちゃ吐きながら、僕の顔の上で腰をグリグリ激しく押し付ける「……ぷはっ!ちょっとゆうこちゃん、そんなに濡れ濡れおま。こ押し付けないで。アナルに入ったおまんこ丸見え体位に真っ白な綺麗なお肌、何ともそそられてしまいます~


肉棒をズボンから引きずり出してネットリ

ビラビラとかクリちゃんとか、舐められないよ?「あはぁんっだってぇ、大野さんの舌、すごくえつちなんだもん。私も、もっとえっちになりたいんですゥ「じゃあ、僕のを、おち○ぽをいっしょうけんめい舐めてんもおち0ぼしゃぶり、して……」僕のおま。こ舐めに負けないくらい、ゆうこちゃ僕は、そういってすぐにおま。こ舐めを再開した。始まった。うわ、強烈な吸い上げツーそしてその直後に、ゆうこちゃんのおち。ぼしゃぶりが「んむむうツーんむ、はむうツ!」初めての夜も強烈だったし、昼間のパイズリフェラも気持ちよくてしかたなかったけど、今のフェラは強烈過ぎる!深く飲み込んで幹にまき付いてべろべろんつ、唇を強くすぼめて引き上げた時には舌先でカリをれろれろんっ。