フィニッシュです♪

乳首を攻める笑顔、馬乗りに乗りながらの笑顔、恋しちゃいそうです

騎乗位、バック、立ちバックと変り、ラストは正常位で

ジョボジョボジョボ女医さんの新鮮なオシッコを有り難く頂戴します。「おいひいですぅ…」「ちゃんと舐めてきれいにしてね」「ハイ」女医さんのアソコをきれいになめる。「おいしいです」舐めてるだけで乳首がピンピンしちゃう…チンチンも…「あれー、すごいがまん汁。」「私もさっきまで焦らしていたのよ」マットにしていた女医さんが言った。「じゃああたしももっと焦らしてあげる」「嬉しいですぅ」ああーんまた焦らされちゃういつもがまん汁が床まで垂れていかないとイかせてくれないのよね…手術ごっこしよ。」「いいわよ。

チンポに囲まれ、しごき&

じゃあさっさと須藤さんを身動き取れないようにしましょ」二人の女医さんは私で手術ごっこするらしい。私はベッドにくくりつけられた。またきっと恥ずかしいことをされるにちがいないと思う...。「じゃあこれをチンチンに...。薬をチンチンに塗られた。」「ああっ」なんかヒリヒリする「これでチンチンの感度上がったよ。」「あああ」だめえチンチンビクビクしちゃう...。

 

ローション責め、強制

あまりにも大きな穴はすぐに気付かれ、不審がられるだろう。約五ミリほどの、まさにピンホール的な大きさが望ましい。周りを気にしながら穴を穿つ間、ドッと疲労が押し寄せる。「細工は流流、仕上げはごろうじろ幸一はピンと張り詰めた糸のように緊張している。うまく工作が終了すると細工を施した穴を満足そうに眺めながら、「山崎真智子の便所をいつ覗くか幸一は家路へと急いだ。

フェラでしゃぶりあげてくれます頭の中はそのことでいっぱいであり、叫び出したいような幸福感に包まれていた。醜悪な光景幸一が中学校二年生を終える頃、アキは高校を卒業する。アキの進路は夏休みのうちに、縁故で東京にある小さな会社に就職することが決まっていた。就職が完全に決まったあたりからアキは近所の美容院に足繁く通い、化粧の手ほどきを受けるようになった。アキは何もせずとも美しい娘に成長していたが、化粧をするとさらに映える。

バイブで開発され、頭の中は放心状態丁寧な
チンポを優しく微笑んで懸命に

美少女と彼氏との濃密なSEXをすぐ横で覗いているようなワクワクする作品ですよ

大人数による食事と入浴という夜の二大イベントが終わった後も、生徒たちのいる旅館の灯が消えることはない。就寝までにはもうひとつの行事、「各班ミーティング」というものがあるのだこれは昼間の行動班ごとに集まって、本日の行動の反省と明日の予定の確認をするもので、食事前の全体反省会の総論を実務レベルで落とし込む各論のようなものだ。あくまでも修学旅行は学習の一環なので、一日の終わりに学習計画をきちんと予習·復習させておこうという学校側の意図である。しかし教師の考えがどうあろうと、本音では生徒は誰もこんなことはやりたくなかった。人間、腹いっぱいになって体がさっぱりすれば、寝るまでリラックスしたいのが本当である。乳首をつままれて感じまくるれんちゃんは、あっという間に


素人娘ノアちゃんをハメちゃいました

従って、旅館の研修室でクラスごとに行われるこのミーティングには、参加者たちのモチベーションが下がりまくっていること、はなはだしたかった。教師は立場上にらみを利かしていたが、やはり本音では早く教師用の部屋に帰って旅館側が用意した酒宴を楽しみたかったに違いない圭介、武彦、雅之の三人もまた、このだらだらとした空間の中で、おざなりにペンを走らせている……はずだった。しかし、他の生徒たちが机に肘を突き、あくびを噛み殺しながらぼうっとシャーペンを走らせている中、彼らだけは妙にギラギラした目をして、この研修室の担当教師を見つめていた。もちろんそれは、さっき内湯でバスガイドの静香さんをイカせまくった、梨田留美先生である彼女はジャージ姿ではなかった。生徒は男女ともジャージだし、教師にもそれは許されていたから、ジャージでも一向に構わなかったのだが、敢えて自室に戻って私服に着替えてきたらしい。

拘束した後、さらにみゆちゃんの服を脱がす

フェラチオと手コキで抜いてくれる

オマンコに入れ替え

まぁくんが聞いてるかもしれないからこそ、狂いそうなくらいおま゜こが熱くなる「さあ……もう一度大野くんと話すんだ」助けを求める私は、首を曲げて係長さんの顔を見ようとする。らめる。そして、受話器に向かう。でも、口の端の小さな笑いだけ捉えて、あき「えみりん!返事して、えみりんっし「あ、うん。どうしたの?まあ、くん……っ」純度百パーセントの、ウソ。まぁくんを安心させようとつくウソの裏で、逞しいおち○ぽをもっと激しく味わおうとしてた。私はお尻をくねらせて係長さんのまぁくんの言葉が止まったのは、そんな瞬間。

オマンコ広げながらクリちゃんを集中的にいじっていると、そのまま体をぴくっと反応させて昇天です

ギシギシっていう音と、濡れた音だけが周囲に響いてた瞬間に、まぁくんは。「……誰か、いるの2心が凍りつきそうだった。でも躰は。「ば、ばかぁ……いるわけ、ないよぉ!「なんで、そんなこというのヘンな、まあ、くんっ」「ただ、からだの調子が悪いだけだよ?」ね、心配しな、いで……まぁくんは、まぁくんで、おしご、と、がん、ばって」必死に紡ぐ言葉。まぁくんにホントのことを知られたくないからなのか、早く躰の奥になにか熱いものが欲しいからなのか。スラスラと出てくる自分の言葉の意味が自分でも分からなくなってた。

 

チンポ君は至福の時間

舌先が、クリトリスを弾いたのだ「ああ、いや、だめ、感じてなんか、ない、あう、やめてぇ」一度突き抜けた快感は、意志の力では止めようがなかった。篤美のむなしい抵抗をあざ笑うかのように、ふくらみかけた胸を、やわやわと揉みしだき、小さなクリトリスに舌を遣い、乳首を指先で転がしてくる。その一つ一つから、どうしようもない快感が湧き出してくる。頭の中に、ビンビンと電気が流れるような、激しい快感だった。「健太が見てるのに。ダメよ、我慢しなくちゃ」懸命に健太のことを考えて、こらえようとするが、乳首を転がされる度に声が漏れ、舌を使われる度に、足が自然に広がってしまう。

オマンコの中も・・・「あっ、あっ、あうっ」腰がうごめいてしまうのだ。「ああ、だめぇ、はいってきちゃ、クリトリスがクチュっと舐め上げられるとヒクンと短い声が、ぬちゃっとしめった音がして、そのくせ、いつの間にか、脚がこれ以上ないくらい広がってしまっているのだ。篤美の声から漏れ始める。我慢しようとしても、舌が、篤美の秘唇の中に、そっと忍び込んでくる。だめぇ」舌を差し込んだまま、鼻が、篤美のクリトリスを巧妙に弄んでくる。「あうう、電気みたい」甘い電流のような物が、そこかしこに生まれていた。

勃起させると、パンティ丸見えの状態でしゃがみこんで男の
フェラで奉仕すると、いやらしい音を立てまくります

マンコをおっ開ろげるシーンは最高の抜きどころ

シャワー室もあって、プレイする人は事前にシャワーを浴びるのがルールなのだとか。雰囲気を盛り上げるためのランジェリーやコスプレもいろいろ揃っていますとりあえず2人並んでカウンターに座り、話が弾む。良く見るとバイブやら何やら、ろいろ置いてあるけれど、単なるオブジェと化している。ほんとに普通のバーみたい。エログッズがいスふと隣を見ると、あら、いつの間にか若い単独男性が。この人、会社お休みなのかな。それとも外回りの最中にここでサボっているのかしら。バイブで堪能し、熟妻のネバネバとした唾液たっぷりの


熟女の奈々子さんの滅多にいや絶対見ることのできない素顔を初公開

結構かっこいい!でもなぜか全然ときめかない私。単独男性を無視してビールを飲みながらガールズトーク続行。私的にはここまでで十分満足してしまったのだけれど、せっかく来たからコスプレに着替えることに。ここでセクシーランジェリーを選んだのがいけなかった!もう1人男性が参加してきて、あら、これっていわゆる3P?このままプレイルームに行けばパラダイでもどうしても気持ちが冷めてしまう。それなりにいろいろ期待してたのに、いざ妄想が現実化しそうになってみると、特に楽しくもなければ興奮もしない究極のセックスを追い求めて何でもチャレンジしてみるつもりで来たけれど、面倒な気分にすらなって来て、もうしばらく居るというマリアちゃんを残して1人であっさり帰ってきてしまいました。

ザーメンをりおなちゃんに絞り上げられて

オマンコを激しく指マンでかき回してから本番へ

アナルから怪しい汁が…ギンギンにコーフンした男のモノをじゅるりとしゃぶりあげると、激しい

憧れのあの人が、僕のをいま、ぱっくり咥えてくれてるんだ世の童貞少年の九割が望んでも得られない快感をたっぷりとまぶされながら、彼は薄暗い布団部屋の天井を見上げて声も出せない安っぽい板張りの木目がじっとこちらを見下ろし、おまえさん、凄いことになってるねぇと言っているようだ。言われなくても、自分がこんな僥倖を得ているのが自分で信じられなかった。「ふむ……」股間のあたりで、くぐもった声がかわいらしく呻く。温かく濡れた洞窟に忍び込んだ彼の分身に、魅惑の軟体動物がねっとりと絡みついてきた。亀の頭のような先端を柔らかくレロレロと愛撫し、敏感な裏側を弄ぶようにチロチロと舐める。

オマンコをムスコにかき回されて感じまくると、今度はムスコのコーフンしたモノを

先端の切れ目をちょっと確かめたかと思うと、またその小動物は自らの意思で硬い肉棒に身を絡ませてくるのだ。まるで酔った淑女が逞しい男の体にくねくねとまとわりつくように口の中でれろり、れろりと棒の先端を舐め回されて、いまだ女体を知らない若々しい肉棒はヒクヒクと歓喜に震える。誰も見ることはできないが、その先端からは少量の体液がじくじくと絶え間なく流れ出ているのだった。ああ……と圭介は無意識に吐息を漏らした。世の中にこんな快楽があったなんて。やがて舌での性技を終えた留美先生は、唇を丸い形にきゅっと窄めると、ゆっくりと顔を前後に動かしはじめた。己の肉棒が絞り上げられる新たな感覚に、圭介は呆然と揺れる頭を見下ろす。

 

お尻叩き、握力を付けるための

柔らかな唇に、硬くそそり立ったモノをたっぷりと押し当て、感触を楽しんでから、満足げに、巧がソファから降りた気配がした声が近づく。顔を近づけてきたのだろう。「ほら、大人の1M)遊びだもの、このくらいはね。そっちの方が簡単なんだからね、どっちが良いの?」「やめて、もうでも、あんまりいうこと聞かないとホントに入れちゃうよ。「ほら、捉まったお姫様は、改造される前に身動きできずに弄ばれるんだよ」巧の焦らすような言葉一つ一つが、子宮の奥に響く気がしていた。身動きできないということがこれほど、真菜の官能を刺激するとは、自分でも知らなかった。

挿入した男はグリグリとGスポットを刺激それに「遊び」と繰り返される度に、真菜の気持ちは、絶望から一筋の希望に向かうように仕向けられていく。追い詰められた者の当然の心理だった。いくら真菜でも、この状況で男が女を犯さずに済ますとは思わない。抵抗しようにも、身動き一つできない上にオンナの身体が、たっぷりと蜜を吐き出してしまっているのだ。しかし、相手は、身動きできぬように縛られているが、ひょっとしたら、小さいときから可愛がってきた巧なのだという思いがこのまま犯されずにすむかもしれないどこかしら真菜に期待させるのだ「犯されないかもしれないごっこ遊び……」さっきから、カメラを操作しているはずのもう一人の男は、真菜の意識から消すことができた。巧の言葉通り、一言も言葉を発しないから、今は、自分を見つめる眼は、少ないほど、真菜にとっては、好ましい以上、無意識のうちに、頭から消し去っていたの本能的なものだったのだろう。

素人ギャルにやる気マンマンの男は、丁寧におっぱいと
クンニ、手マンと総攻撃

挿入しながら、強制開口された口に唾を垂らし、

感じて漏らしたんだろ!ちゃんと乳首で感じておしっこしちゃいましたって言いなよ!」すばるは観念した。「はい...。」じてもらしました...。」だから、お願いだから外して下さい...。」このまま帰る。誰かに見つけてもらって、助けてもらいなよ。ま、誰かにその恥ずかしい姿を見せることになっちゃうけどね」鞄を持って、ドア付近まで行く。「何でも言うこと聞くっ、あ、そうだ、popcornのモデルにしてあげるからあっ、お願いいつ、外してっ」最初はpopcornのモデルに憧れてたけど、コイツと仕事したくなくなったから…もういいや。オッパイはイメチェンしていないか心配になります


エッチなボディーが何ともたまんないっす~

携帯のカメラで一応、お漏らし姿、撮って帰ろ。バシャ「バイバイ」終わり。優等生がバカ女達に命令されちゃう騒がしい教室,授業中だと言うのに、生徒はずーっとおしゃべり。先生も、ただただ黒板に文字を書くだけ。あーあ、こんな頭悪い高校、入りたくなかったなぁ。私、安野遥。最近、この学校に編入してきたばかり。って言っても、親の都合であと半年もこんな学校いないけど。クラスの子達と、波風立たないように、マイペースで行くわ。しかし..。その日の休み時間。「安野さんだよね。

セックスレスだという美

オナニー週一とHは好きな方

肉棒から発射される精液で汚されれていく姿を楽しんで下さい

なんてはしたなく、みっともないゴキでしょう……。セブン·シスターズバシンと、尻を竹刀で叩かれて、わたしもようやく意識を取りもどしました。教室の床に倒れていたのです見上げると、先生と五人の美しい女性たちが、見下ろしています。だれも笑っていません「この程度で大げさよね」「まあ、お嬢様らしいから、やわなのよ」「だけど、お姉様。こんなだらしのない子、調教なんてできるかしらね」そんなのどうでもいいわ。これも仕事なんだから。

バイブやローターを局部に

やるべきことを、できるだけ楽し〈やればいいのよ」「そうね。お仕事ってことで、割り切ることにしようかな」「だけど、問題は、こんなやつの調教が楽しいかってことよね」「やっぱ、楽しくないとねぇ」なにを言ってるのかしら、この人たち。「気がついたんだったら、立て!バシンと再びお尻を叩かれます。ゆうべ、ずっと叩かれ続けていたお尻なので、痛みが、ぐわーんと全身に響きます。除夜の鐘を間近で聞いたような感じです。「おまえ、みなさんにご迷惑をおかけしたんだ。

 

お尻を突き出し水着をズラしながらの生ハメバックスタイルは最高です

キムは出発前にトイレを済ませてくるのを忘れたことをダイアナに伝えると、ダイアナは笑って、二人はすぐその先で用を足した。ねえ、私たち、朝ごはん食べるのもすっかり忘れていたわ。アレックスのところの冷蔵庫には食べ物が入っていることを願うわ」ダイアナはいたずらっぽくキムを見つめて笑って言った。「あなたのことは知らないわ。でも、私は今朝、少しだけ「あれ」を食べたから、お腹いっぱいだわ!二人は大笑いした。ようやく、大きな木々の後ろに立っている目的の別荘を見つけた。

ザーメンをお口でキャッチしてくれますそれは暖かそうで、居心地のよさそうなバンガローだった。「わお!」キムは驚いた。この別荘はログで作られたバンガロー。フロンティア時代に建てられたようで、その向こう側には煙突が突き出ている。湖のすぐそばにあり、キラキラ輝く水面へとアプローチするプラットフォームが続いている。キムの目はその景色に釘付けとなり、散策のため、急いで車から降りた。「後から来るのは、足の遅い太ったサルよ!ダイアナは玄関に向かいながら、そう叫び、そこに最初に到着すると、勝利の満足感で晴れやかだった。

ザーメンをたっぷりお口に発射されると、今度はガチで
パイズリを堪能していきます

オマンコにモノをぶち込むと激しい

てね」これだけのマスクと、鍛えた身体、多い学部だ「練習台」には事欠かなかった。人を惹きつける性格。おまけに大学でも、教育学部と言えば、一番女の子が同級生に、バイト先の先輩、ゼミの後輩。ついには、家庭教師先のいたいけな少女の処女、あげくはその母親まで、両手に余る女達を、いくら抱いても得られなかった満足感を、やっと満たしてくれる相手が目の前にいた。それも、ツルツルのオ00コを目一杯広げて、ビショビショになって巧を待っているのだ。「まってろよぉ、今、すぐ、夢にまで見たオ00コを楽しませてやるからなあ、だが、ちょっと待て。ちゃんと、まずしとかないとな。股間を刺激してギンギンになってくると、あいちゃん自ら服を脱ぎ去りパンティ一枚姿に


マンコに擦り付けると、萌ちゃん自ら

ま、これも、お楽しみだけどさ」その前に自分の怒張に語りかけるように、逸る気持ちを、懸命に抑える巧だった。第11話猛スピードで真菜は「凄いね、滴ってる」「いやあーやめてぇ、あう、もう、十分でしょ、解いてぇ」さっき、逝かされかけた自分に、真菜は、ひるんでいた。いつものようにきっぱりと勇ましく、理不尽な仕打ちに抗議することなど思いも寄らなぃ「ああ、やめてえ、見ないでぇ」男の息づかいを、その秘唇に感じたのだ。しっとりと濡れきった秘唇が、男の荒い息を受けて、そこだけヒンヤリとする。もちろん、息を吹きかけられた敏感な女芯は、埋み火の快感を、燃え上がらせようとする。

亀頭を舐め、谷間に

肉棒を休む隙もなく突き刺します

フェラをしながらパンティ脱いで

お願い、ドアを閉めて!早く!」声が、だんだんとうわずって大きくなっていた。山崎はこれが限界だろうと、小林の背中を引っ張るようにして、扉の外に出た「じゃあ、外で待ってますからね、また、倒れたらイケナイから鍵はかけちゃだめだよ」AVなら、このまま二人がかりで、この清楚な人妻教師をレイプするのだろうが、まさか、そうもいかない。同僚をレイプする度胸なんて、さすがになかったのだ。第一、1つしかないトイレには、後から他の客達もやってくるに違いない。戻るのが遅れれば、同僚達にだって思わぬ不審を生むに決まっていた。

挿入…だが気持ち良いのも束の間、 すぐに肛門

それでも、オッパイまで拝めた思わぬ幸運に、山崎は悪のりした。「西川先生、酔ってるみたいだから、カギを掛けて、もし、倒れたら、ね」危ないですよ。今度もかけないでください理屈にもならないことを繰り返しながら、あとひと目と、すっきりと伸びた白い足をうかがう余裕すらあったの山崎はガッツポーズの震えが止まらなかった閉めたドアのこちらで小林とハイタッチをしながら、扉の中では、真菜が、一人震えていた。「うそ!見られちゃうなんて、こんなところを」夫にすら見せたことのない恥ずかしい姿を見られたのだ。ない姿を見られてしまった。人として、女として、他人にはけっして見せてはいけ真菜は震えていた。

 

エッチな姿をお楽しみください

でも、近視になったら眼鏡やコンタクトを使いますよね?乗り物に弱ければ酔い止め薬を飲んだりしますよね?同じように、日常の性生活に支障があるなら、婦人科に相談してみてもいいのではないでしょう5性感マッサージ師のテクニック性交痛の悩みは解決しましたが、それですぐに「めくるめく快感」を得られるようになった訳ではありません。「セックス1痛いものと潜在意識に刷り込まれてしまい、世の男性が期待するような反応が出来ない事にずっとコンプレックスを抱いていた私にとって、性交痛が改善されたからといっていきなり解放される訳がない。そこで再び、プロの手をお借りすることにしました。セックスのプロと言えばやっぱり、性感マッサージですよねぇ.女性向けの場合は「逆性感マッサージと呼ばれたり、性感エステと呼ばれたりもしますが。とにかく、その道のプロが挿入やキス以外の愛撫をしてくれるらしい。

フィニッシュです♪口からこぼれた女性向けの簡易ヘルスといった感じなのかしら。でも私、性感マッサージは未経験。うと怖くて(汗)。だって、すんごい変なマッサージ師さんに当たっちゃつたらと思それに、どんなに優秀な人だったとしても、相性ってあると思うのよね。いと思ったものはとにかく試してみなきゃ!そうこうしているうちに、彼が知り合いのツテを辿って、評判のいい性感マッサージ師さんを探し出して来てくれました☆相性の問題ばっかりは分かりませんが、人柄もテクニックも問題ない事は間違いないらしだけど遠いんだよね……東京からはるばる名古屋まで新幹線に乗らなきゃ行かれないよ(爆)。マッサージ代と新幹線代と宿泊費でものすごい出費になっちゃうなあ……でもせっかくのご縁だし、そんな訳で実現した彼との一泊旅行。

巨乳を露にし、テーブルで大股開き
パイパン何でもござれ

クリトリスは大きくなっている

今どきの娘のように染めることもしないおかっぱの黒髪は、田舎くささを増長させている。また、見ようによっては童女を思わせる「先日、ディスカッションした時のあのレポートはよかったね。でも、核心を掴み損なっている点が惜しいと思ったんだ。そのへんを私なりに赤を入れたからもう一度書き直してみないか?富樫の惹きつける魅力のひとつが、このヴァリトンボイスである。耳に心地よい低音は全ての言葉に深みと重みを加味させる。オッパイをしゃぶり上げ、パンティの中に手を滑り込ませると、ハァ…と甘い息を漏らし始めるはるかちゃん


バイブのうねりがさつきちゃんの淫穴内部を激しく掻き回す

歌うように滑らかに富樫はスラスラと大酉みのりのレポートの及第点を指摘した。「はい。実は私も表層しか掴めていないかなって不安に思いながら書き上げたんです。今の先生のご指摘でだいぶ理解出来た点が増えました」素直に頷きながら大西みのりは返却されたレポート用紙をまるで神からの贈り物のように目を皿のように凝らし一枚一枚を丁寧に捲る。びっしりと書き込まれた富樫直筆の赤ペンの文字が踊っているようだ。「こんなにきめ細やかにありがとうございます大酉みのりはいつも目を潤ませて感謝の意を表す。

乳首も敏感にピンコ勃ち

フェラ女達はマングリ返され、女体盛りにワカメ酒と大豪遊おまけに女の菊門に菊の花を挿す始末至る所で

オマンコを掻きまわし、下品な見せつけ

次の瞬間、スーッと襖が空く音がした。頭上でパチパチと電気が点く。見回りの男性教師が部屋に入ってきたのだ。圭介はくるまった布団の中で息を詰めた「おうおうおまえら。寝たふりが上手いなぁ。さっきまで起きて話してたろ?」若い体育教師の声だ。いかにも爽やかなスポーツマンといったキャラで、憧れている女子生徒も多いらしいがEから降ってくる声には、どこか投げやりな響きがある。他のベテラン教師が部屋で酒を飲んでいる中、面白くもない見回りをやらされて、少し腐っているのかもしれない。圭介は秘かに心配した。

ローションを塗り楽しむのが最近の流行となっております

その不満が、乱暴な行為にっながればたいへんなことになる。面白半分に掛け布団をへっぺがされたら一巻の終わりだ頭ではその心配をしながらも、一方で彼の五感はこれ以上ない幸福感に包まれていた。布団の中を満たす甘い匂い。はぁぁぁと囁くような声。すっぽりと覆われた暗闇の中から、どこか悪戯っぽく見上げてくる瞳。そして手のひらに、腕に、脚に、つま先に触れる柔かな肉の感触晴らしいものなのか。ましてや、相手は憧れの留美先生である女性と一緒の布団にくるまるというのは、こんなに素この回避行動について、彼は深く考えていたわけではなかった。他に選択肢がなかったのだ。

 

肉棒を一緒に口に含める大胆さ喘ぎ声も厭らしく、前後から突かれ吠え捲る最後の

弱い私だけど、他の人でイかなかったから、よかったんだよねまぁくん?って。あそこの入り口で、明らかに振動音が濡れてた。心が安らいだ分、躰は私の、オンナの躰は。「……申し訳、なかった。結局私は、君に何もしてやれなかった」またあの場所から聞こえた係長さんの声。でも、それはゆっくりと上がってきてた。「すまない」声は胸のあたり。「だから……」声は首のあたり。

アナル汁を溢れさせたみきてぃは、どっぷり「こうするしかない」胸、おなか、脚、いろんな部分が密着してた。男の人の肌の係長さんの朗熱さはっと気づいた時、目の前に、感触、匂い、何かがあそこに触れてる。それが何かはもちろん分かっていたし、かも分かってた。でも、私はそれがこれからどう動こうとしているの「あっああああっ」表情も変えずに私を見てた。係長さんが見つめる私は、他の人に入れられた私の、顔。

フェラでじゅるじゅるペロペロ舐めまくり吸いまくり
ザーメンぶっ掛けて

巨乳を揉みまくり♪

いつまでたっても残る排泄行為へのかたくなな羞恥は、ミュウの僕は「後でご褒美をあげようといって、プラグをいっそう深くねじ込んだ。よろこびに身をうねらせるミュウを見ながら、佐久間が「おまえ、ホンっとにSだな」と、ぼそっとつぶやき、気を取り直したようにアキちゃんの股間へ手を伸ばした。「アキは、ここが一番感じるんだよな」佐久間はそういって、クリトリスのリングを少々乱暴に引っ張った。た声をあげた。「ミュウ、アキちゃんのクリトリスにご奉仕してあげなさい」アキちゃんは眉を寄せ、「うん」とくぐもっミュウは「はい」といいながら、嬉しそうにアキちゃんのそこに顔を埋めた。僕の命令に、佐久間も「アキ、ミュウちゃんのアナルをきれいしてやるんだ」と命じ、少し上気したアキちゃんは、「はい」とハスキーな返事をして長い舌を伸ばした。人妻は、惜しげもなく秘部の秘部までを自ら接写


ファックを展開してくれます

テーブルの上で、きれいな女の子達のラブ·ブレーが始まり、僕と佐久間は、また呑みたい気分になった。「アキちゃん、アナル·プラグを出したり入れたりしてみてくれるかな。クリトリスをつまみながらがいいな「ミュウちゃん、アキのアソコに指を二、三本入れてやってくれ……そう、リングを引っ張りながら」「次はミュウの乳首をかんでやって。そこ、大好きだから」「アキ、お尻にミュウちゃんのプラグをもらいなさい。入れるところが、良くみえるようにな僕たちはあれこれ注文をだしながら、ビーチの夜を大いに楽しんだ。

騎乗位での結合部はクリア

巨乳が揺れまくってさらにエロ度急上昇♪あまりの気持ちよさに大量

フィニッシュはどっぷり

「私、もうイキそうですぅ」愛華は苦悶の表情を浮かべる。「俺も、もうだめ。イキそう」階節ももう限界といった表情だ。「それじゃあ、みんな力を合わせて同時にイクはわよ。5、4.3、2」真琴がカウントする。「1、ゼロ!」全員同時に堰を切ったように体をビックンビックンと痙攣させた。俺もイクのをこらえていた白子をどっぴゅーっと黒部ダムの放水のように大解放した。そして部員全員の性器つまり、ちんぽ、おまんこの部分が急に光り出し、その光は宙に舞い魔法陣の中央で交わった。

オマンコは濡れるたびに感度を増しています

そしてその光は輝く球体へと変化、さらには身長5メートルはあろうかという人型の生き物へ変化した。「久々の地上じゃわい」その生き物は低くうなるようにつぶやいた。「やっと会えた。あなたは地球外生命体ね?」真琴は目を輝かせる。「なんのことだ?わしは数百年前にこの村人に封じ込められた魔物じゃ」と人型は答えた。そして俺たちは目が慣れてきたのかそいつの姿をはっきりと認識した。

 

中出しSEXをお楽しみくださーい

彼女と接するたびに頭に渦巻いては消える。などと聞けるはずもなく。その悶々とした気持ちを、とにかく仕事にぶつけた。どういう意味か?そしてやっと、やっと、あの接待ゴルフに出かけた役人さんから「向こうに君の話をしてみようか。成功の約束は出来ないけれど」と言ってもらえるところまで進んだ。この件を報告すると、支店長は喜び同僚たちは歓喜した。

チンコを喉奥まで入れてご奉仕してくれたぁこっちに来て二ヶ月、そこまで話が進むとは誰も思っていなかったようだ。僕にとってはまだまだ入り口に辿り着いただけという感想だったのだけど。「ああ。君は大したものだ。さすがといおうか……本社営業係長推薦のことだけはある。だから、ここはひとつ慰労をこめてだな「しかし、まだやっと糸口を掴んだという程度で……」「まあ一日くらいいいじゃないか。これまで忙しかったし、君の歓迎会をぜひ開きたいとみんなが言ってる」自分の知らない間に、歓迎会は週末に設定されていた。しかった。そして、週末。

オナニーしているらしい
オナニーに夢中になってしまう…

巨乳娘・日高のりこちゃん

もち何を考えるよりも先に、左手が伸びていた。閉じようともしない、しなやかな両脚だった。簡単に、指先が、グッと沈む。ニチャリと微かな音がした。山崎の左手は、真菜の秘所に届いてしまう。「ぐしょぐしょだよ、センセ」思わず声に出してしまったのだが、山崎のその言葉は、真菜に羞恥の責めをしたのと同じだったきゅうんと、快感が身体の奥からこみ上げて来たのだろう。押さえた身体の下で、いやあ、とか細い声を上げ身体を震わせる。「あう、あう、や、やめ、あうう」完全に、淫声だった。ひどく、通る声だった。ピストンで痙攣イキ&生


チンポを手コキする姿は大興奮

こういう声が、興ざめな声になるオンナもいるが、真菜の声は、はかなげなのに、オトコをくすぐるようなきれいな、美人の声は、こういう時でも美しいものだと、山崎はヘンなところで感心してしまう。オトコをとろかす淫声とはこういう声を差すのだろう。「毎晩、こんな身体を自由にできのかよ。しかし、へへへ、今日からは、俺も仲間入りだぜ」ダンナを心底うらやんだ後で、これから、自分もこの身体を自由にできるようになるのかと思えば、りも寝取られるダンナをあざける気持ちの方が強くなる。「この身体を、味わうのが、今日が最後になるなんて、それはいけませんぜ、へへ」うらやむよもちろん、今日のことを「元手」にして、たっぷりと楽しむつもりだった。なんて、我慢できるはずもない。「それには…くくく、たっぷりと、感じさせてやるからな」こんな身体を抱けるのが、一度だけ指先が埋め込まれたぬかるみは、柔らかいクセに、みちりと、指に絡みつくようなしっとりした感触だおまけに、下からぐっと、入り口をなぞるだけで、ヒクヒクと身体を震わせて、男をとろかすような声が噴き,ぼれるこうなっては、いくらマジメそうな真菜と言えども我慢できるわけがない。