乳首やらオ丸ンコをいじられて気持ちいい・楽しいのなんともいえない時間を過ごします

オナニーも意外と気持ちよかったとにこっり

中出しまでされてしまい今度は妊娠が心配に...

「まったく、よくもまあ、これまで二十年もお嬢様、お嬢様とお仕えしてきましたがあきれ果てましたよ」「ごめんなさい」「謝ることはないですよ。あんたは好きなことをしていればいい。あんたの体なんだからね。だけど、こっちまで、とばっちりがくるようじゃ困りますから」「それは大丈夫です。みなさんにご迷惑をおかけするわけにはいきません」「あたりまえでしょう」容赦なく、携帯が振動します。赤目です。その番号を見たら、なるのです「はい。ドMのゴキです」「おう、どうだ。もう後悔したか?やめにするか?丸木戸恵梨香ではなくいま、否定するような言葉が聞こえたような気がしたけど、違うよな?「わたしはすべてを受け入れます」「いいだろう。

オマンコの肉ヒダがはみ出してしまう

今日は藤木に言ってあるから、まっすぐそこへ行くんだ」そこで電話は切れてしまいます。「藤木さん、行き先は……「うるさいな。ゴキブリは黙っていればいいんだよ」これまでにない藤木さんの乱暴な言葉遣いに、びっくりして返事もできませんでした。クルマは、はじめていく町の裏通りを走ります。低く古いビルばかり立ち並ぶ一画に出ました。焼き肉の匂い、下水の臭いなどが漂っています。

 

ザーメンを土手に発射して

縄、それも、真っ赤なヒモで女性がくくられていた。むき出しになった乳房を絞り出し、女性の大事な部分を覆い隠すように女性の身体を縛めていたのだ。でも、一番気になるのは、その両腕だ背中でくくり上げられて、その一端は天井に吊られているらしい。真菜はその名前を知らなかったが、高手小手というやり方だ。そのパッケージには、縛り上げられた女が、恥ずかしい姿のまま吊され、2人の男達に嬲られている姿が映っていたのだ。汚らわしいとは思う。

オマンコにはリモコンでも、その一言だけでは片付けられないモヤモヤが、真菜の身体に芽生えていたのだ。真菜に芽生えたそのモヤモヤは、うんと昔から、真菜の素直できれいな心の中に、深く沈んだ、かすかな澱のようにたまっていたのだ。子どものころ、お姫様や、ヒロインが悪者に捕まるシーンに妙にドキドキしていた。それだけではない。子どものころの「ごっこ遊び」は、誰にでもある経験だ。でも、悪者に捕まるお姫様やヒロインの役どころをそれとなく提案し、さりげなくその役を自分が演じるようにしてしまうのは、それほど多いことなのだろうか。

オナニーに勤しむことがAV出演を決めたと言う生島涼ちゃん
オマンコが丸見えになるとローターを

セックスになるともうとんでもないです

「確かに素質はあるみたいだな?口の周りを唾でべとべとにしながら中年警官が立ち上がった。私は顔を熱くして自分の股間を見下ろした。した肉棒が唾に濡れててらてらと光っている。赤黒い色が妙に恥ずかしかった。「……もう、ゆるしてください」「なに言ってる?せっかくいい思いさせてやろうとしてるんだぞ?」「あっ、ううっ!」勃起警官の指が肛門の奥深くを刺激していた。そしてもう片方の手で肉棒をしごき出したのだ。私はもう驚く気力もなく、されるがままだった。クリトリスに当たり堪らず顔を歪めて感じてしまう美香


お尻を振りながら男を挑発するポーズ

いや、実のところ、ただしごかれるよりも、なんだかよけいに感じてしまっていた女房がメンスの日にはよく手で出させたものだが、相手は男だというのにずっと気持ちがいいのだった。肛門の中を警官の指がずるずると這いずっていた。それが穴の奥から肉棒へと、熱い糸となってつながっているよう「くっ、うっ、はああ、おまわりさん……」「おまわりじゃないと言っただろうが?そら、そら、イイんだろうが?「あっ、あっ、だ、だめです、こんなとこで、あっ、うう1つ!」我慢しなくていいぞ?」あっという間の出来事だった。こんなにはやく出すなど若い頃から滅多にないことだった。そのうえ、肉棒の先からほとばしるザーメンの量ときたら恥ずかしいくらいに多かった。単身赴任が始まってもう半年だ。

チンコを愛おしく舐める様子もキュンキュンしちゃいますね

バイブで攻撃され、熱いW

オッパイ本気ヤバイです、一日中揉んでいたいです

自分でも意外なほど、まじまじとそのもしかしたら私、こう言われるのを待ってたんじゃないの……?気がつくと、スマホのカメラを自分の口元に向けていました。大丈夫、唇のアップだけなら絶対にばれない。たとえネットで晒されても、誰だか特定できないしかしゃり。送信。それを見た相手の反応に、私は思わず声を上げそうになりました。”ほんとだ。ぷっくりして、すごく色っぽいよ。素敵な人だね、あきさん“どうして心臓がこんなにドキドキするのか、自分でもわかりません。

ピストンさせながら気持ちいい部分を探し当てる

信也と名乗る男にそう言ってもらうことが本当にうれしいのです。どこの誰ともわからない相手なのに。じゃあ、今日は楽しかった。また明日メールするねそう言って彼は、あっさりとやりとりを打ち切りました。後に残された私は、物足りないような、でもどこかが満たされているような、不思議な気分でしばらくスマホをベッドに潜り込みました。眺めていました。鏡台の前で唇をそっと撫で、しばらく自分を見つめてから、それからというもの、体のいろんなパーツを撮って彼に送るのが、を空けた耳,そしてキス顔の唇のアップ。私の日課になりました。

 

ピストンにも小さな声で喘ぎ始めます

この作業は簡単ではあり1時間ほど作業を続けた後、一休みすることになりました。生斗は私に、どんな学生生活をおくっているのか訊ねました。その話はごく自然に、男友だちの話題になりまし私は「特定のボーイフレンドはいない」と話しました。生斗は私が少女の頃から、多くの男の子たちとすぐに仲良くなることを知っていましたから、意外そうな顔をしました。「ひとりの相手を決めるより、大勢と遊んでいる方が楽しいのよ」と話を続けたのです。

エッチがしたくてたまらないお年頃生斗は「特定の恋人がいたほうが楽しいんじゃない」と聞き返してきましたが、私は黙っていました。生斗は、私の交友関係が理解できないといいました。生斗は、姉の真耶をどれほど愛しているか、話しはじめました。セックスは毎晩すること、妊娠がわかった後もセックスは続けていたことなど、ふたりの関係について詳しく話しだしたのです。「赤ちゃんは愛し合っている証なんだ」と付け加えて、伸びをして、「さー仕事に戻るか」と、立ち上がりました。

オマンコ、もっと触って~
中出しで受け止めた後は、上のお口でお掃除です

セックスをせがむ等、その性欲の強さを全く隠し立てする事なくバンバンカミングアウトしてくれます

「あ、あん、けんちゃんあう、妻の感じ方からすると、いえ、ちょっと見ただけでも、その手つきは、かなり慣れているように感じはす。妻が何かを囁いたように見えます。それだけで、健太が、そのままおとなしく仰向けになります。それだけで通じてしまうほど慣れ親しんだ行為なのでしょうか私から見て、建太は真横を向いています。仰向けのペニスは、へその方に向けて角度をつけ、かちんかちんになっているのが一目で分かりました。いつか見た、仮性包茎から大きく成長し、すでに、私のモノと遜色ないような立派なものでした。熟女を後ろから玄関内に押し込み関係を迫る男に抵抗しながらもその行為を受け入れてしまう美人奥さん


拘束されたかおりちゃんとなつみちゃん

健太の顔をまたぐように、ゆっくりと妻がのしかかっていきますちょうど真横から見ている私には、向きを変えるのも大変そうなまでに硬く勃起したペニスの根本に、妻がしなやかな指を添えるのがよく見えました。「まさか」そう思うまもなく、妻の優しい唇が開いて、ペロペロと愛しげにピンクの先端を舐め始めたのです。止めるべきです断固として、出て行って、やめさせるべきなのです。しかし、身体が動きません第一、つい先日、私自身がけしかけて、健太のモノをしゃぶらせたのです。今さら、どんな顔をして止めればいいのでしょう。

オマンコを奥までかき回してしゃぶり上げると、

オマンコをイジイジする、エロいさとみちゃん

素人娘がAV撮影希望

私に反応した生斗に、義兄という立場を超えて、より親しみを感じたのです。振り向くと生斗のコックが私先にバスタブから出て、タオルで身体を拭いていると、のお尻を押していたのです。「元気になっちゃつたよ何かがお尻を突きました。銜えてよボクも千晶感じるところを舐めたいな69の態勢で、互いに「自身」を舐め合おうというのでしょう。生斗は私が何を望んでいるか理解しており、欲望を満たしてくれようとしているのです。

エッチなことをされちゃいます

断る理由はありませんその誘いにキスで応えました。生斗のコックに触れてみました。彼はコックをビクつかせました。私はキスを続けたまま、コックに触れている手に力を加え、握りしめて前後に動かしました。それは、より長く、太く、堅くなり、私を待っていることを伝えてきました。すぐにその場に膝まづき、唇で擦りました。憧れの生斗の、素晴らしいコックはとても熱く、目前で大きく脈打っているのです。口に含むようにしながら包皮を捲って、表れたグランスを舐めました。

 

オマンコに毛ブラシが集中する

私の中のち○ぽが1ミリたりとも萎えないのが、その証拠震える手を、私は受話器に伸ばした。その動きを眺める係長さんの視線。ベルが鳴り始めて、経った気がする。向こうで私の声を待ってるまぁくんは、不審に思ったりしてない、かな……?すごい時間が「はい、もしもし」抑えても抑えても、他の男とのえっちの最中にまぁくんの電話に出るっていう明らかに震えてる、動揺は隠せない。私の声。「あ、えみりん……?僕だよ、まことだよ」まぁくんの声は、優しかった。優しすぎて、それだけで涙が出そうになる。「ゴメンね、こんな遅くに。ちょっと、思い出したことがあって」「な、に?」バレたのかもしれない、とか。

オッパイを服の上から揉むだけで感じているちさちゃんやっぱり、こないだの帰省の時に気づいてたのいろんなことが頭をよぎる。かもしれない、とか。「あの、今日、結婚記念日だよね。僕たち二人の」「なんて言ってる……?」その声を聞かれるのが怖くて、もちろん問いに答えられるわけもなくて、必死で送係長さんが下から囁く。話口をふさぐ。ふさいだ手に、微かな振動が伝わる。まぁくんは、係長さんに懇願の視線を向けながら、再び聞くしゃべり続けてる。不審がられるのがたまらなく怖くて「ねえ、えみりん?」「ああ、そうだね結婚、きねん、び「なるほど今日は君たちの結婚記念日か。クククッ……」私の声で内容に気づき、そして、また、笑った。係長さんは私だけに聞こえるように囁いた。

乳首にしゃぶりつき始めます
バイブ攻めと見所満載です

オマンコへと指を滑らせる男

放出の快感と満足感を満たすためそして男の征服欲を満足させるために。チュボっと音がするほど、唇を密着させて、熱心に舐め上げる姿を見ながら、巧は、肉体と心の、こよない満足感を味わっていた。一方で、グリーンは、腰が抜けたようにヘタリと座り込みながら、真菜の奉仕する姿を涎を垂らさんばかりの表情で見つめていたのだ。「どう?」ソファの上で仁王立ちをしながら、巧は、へたり込んだグリーンを、ふと振り返る。そんなつもりもなかったのだが、男としての本能が、ついつい勝ち誇った目を巧にさせていた。乳首の部分をくりぬいて両手を上げさせると脇の部分をカット…フェチには正直たまらんでしょう


マンコを白い泡だらけに卑猥な姿を晒す秋場莉緒ちゃんは半端ないっす

泣きそうな目をした男は、そんな巧をほうけた表情で見上げていた。「そんな、そんなあ…バカな賭けだったんだろうか?いや、遊びのはずだったんだ、そうだろ?真菜?君がこんなになるなんて」美しい唇で怒張に吸い付いている妻から目が離せない。泣きそうな目をして座り込んでいる光太郎は、怒張だけが、目一杯、上を向いていた。第12話酉川光太郎の憂鬱ついさっきまでの激しいフェラシーンは、光太郎の目に強烈に焼き付いていた。まるで、ビデオの中のAV女優と見まがうばかりの見事なフェラチオだった。

フィニッシュです♪ちょっぴりいつもと違ったシュチュエーションの

股間を弄られるとピクピクと反応をし始める

フェラの後は、スプーンへと流れ込み、お次は全部丸見えの背面

一方で、我が妻の、とことん乱れるところを見てみたいという暗い欲望が、背中に、いや、胸の真ん中にどっかりと居座って、身体を金縛りにしていた。もはや、光太郎とのセックスでも出さない、淫らな声をひっきりなしに噴きこぼしていた。「ああ!感じます!あうふんじるう!う、あうう!ああ、そ、それぇ、あううまたあうう、や、いやぁぁ!あう、お願いい、い巧は再び、抜き差しを浅くする。食って、悲鳴を上げてしまった。一気に究極のオーガズムへ駆け上がろうとした真菜は、またも、オアズケを「どうしたの」「ああ、あう、いやいやぁ、お願い、お願いよ、もう、もう苦しいのねっとりとした真菜の秘液にまみれながら、その湯気が立たんばかりの姿を光太郎の目の前で、見せ、長大な怒張は、その先端だけが、申し訳程度に埋め込まれているのだ。真菜の身体は、腰をうねらせながら、壮絶なまでに汗を浮かべていた。

オマンコを指でかき回されると、あまりの激しさに大量

思いっきり逝きたくても、えず、最後の瞬間が延々と引き延ばされている「オンナの恨みの汗」だった。逝かせてもらあの、冷静で強気の真菜は、この世から消え失せ、目の前にいるのは一匹のメス、それも「飢えたメス」なのだと、光太郎は思い知らされてしまう。「うぅ、くそっ」光太郎は、思わず小さくうめき声を漏らしたが、そんなことに気づく余裕は、もちろん今の真菜にはな「ああお願い、もう!」悲痛な声を漏らす真菜に、オトコは、余裕の笑みを浮かべた。「さ、お姉ちゃん、好きって言って、そうしたら」「ああ!まるでご褒美の予告でもするかのように巧の腰がわずかに進められたのだ。こらえようのない真菜は、ずかな動きにも、最大限の反応をしてしまった。

 

挿入しながら部屋を移動しちゃいます

「ああああし鋭い声を放っていた。止めようのない声だ。白い光が、幾度も目の奥で、フラッシュする。子宮に届くほど奥まで貫かれていた。真菜の白い背中が、クッと、のけ反っている。その突き出された胸をつかむ達也の手。「あっ、ああ!あああし快感の鋭い声が、スタジオ中に響き渡るその瞬間、真菜は、光太郎を意識できたのだろうか。自分でもわからない。夫の目の前で男を迎え入れながら、その視線を忘れてしまった気がする。

マンコから溢れ出る愛液、その穴に容赦なく突っ込まれる極太に大絶叫する心音ちゃんはまるで、乾ききった大地に水が染みこむように、真菜の身体は、己を満たす肉棒の快楽が染みこんできたのだっ台上の達也にまたがる真菜の白い肉体は、神々に捧げられる供物のように、人々の視線を集めていた。第4「あ、あうう」あう、なぜ、こんなに感じてしまうのかわからないだけど、同時に、なぜこんなに苦しいのかも分からなかった。あたかも祭壇の人身御供のように、真菜は一段高い台の上で白い裸身を人々に曝している。「ご神体」をその身に収めながら神の快楽に身も心も任せているのだ。しなやかな背中をのけ反らせながら、神々しさすら浮かべる上半身。

オナニーのあと、手コキ抜き、
ファックの連続です

フェラを更に激しくしていきます

逝きかけて、直前でオアズケを食わされてわなないているヌードだっ「見たよ」言わずもがなことを囁いて、妻の羞恥を限界まで追い込む硬直が解けた真菜は、向こうをむいて丸くなる。背骨の浮き出た、細くしなやかな身体。ウエストがキュンとくびれた続きには、クリンとした尻が、豊かで柔らかな曲線を見せている。もちろん、乳房重力に逆らって突き立っていた。童女のように丸まった妻の後ろから窺うと、翳りを剃り落としてある秘唇は、すっかり丸見えだ。さっきまでのオナニーで、びしょびしょに濡れたそこは、ナイト·スタンドの光を反射していた。人妻・吉永ほなみさんの本業のナース編です


マンコそしてガッツリ

は、ね、何やってたの?」「いや、いや、いやあ夫にオナニーしているところを見られてしまったのだ。真菜の羞恥は、我慢できるレベルではない。ぁとホンのちょっとで逝きそうだった身体は、真菜の中でどす黒く渦巻いている。そのくせ、躰を責めさいなむ快感の要求に、真菜は、余計に、躰が淫靡になってしまうのか。子宮の奥が痛いほど困惑していたのだ。いや、羞羞恥の瞬間なのに、恥の瞬間だからこそ、身もだえするような羞恥の中で、再び秘唇に手を伸ばせと命令する、「躰の声」と、懸命に格闘しなくてはならな混乱の極致にいる真菜は、「はう、あうう」夫が何を言っても、イヤイヤと顔を振るしかないのだ。突如、秘唇から、とてつもなく尖った快楽が生まれる。

オマンコにモノをぶち込みます

ザーメン発射すると、乱入男がさらに激しい

マンコの奥へと入り、久々の

「7つ」怒張が奈緒の中で一瞬大きく膨らみ、子宮に熱いしわぶきを浴びた。その感触が、奈緒の躰の中で、白い津波をその波頭が奈緒の脳を吹き飛ばす。しがみつくように両手を回し、大きく砕けさせ、船岡の背中に、両脚をこれ以上ないほど広げたまま、奈緒の意識が……跳んだ。気がついた時、船岡の上に座り込むように乗ったまま貫かれていた。たゆたうような動きで、じっくりと腰を掴まれ、動かされていた。

ザーメンを絞り上げると、今度はメイドコスプレでガ

「起きたかにわかに、尻たぼをすくうように躰を持ち上げては、落とす動きになる。「あああん!」強烈な摩擦感だった。その上、落ちる瞬間に、躰の奥がズンと突き上げられるのだ。子宮が突き上げられるのだ。「ああ」くなくなと首を振った。打ち消せない快感が、黒い澱のように腹の下に溜まっていた。ずいぶんスケベな躰になったもんだ」スへ、たまんねえなあ。失神するとはな。「いやあ。そんなこと、ああ!」ない、と言おうとした瞬間、片手が奈緒の乳房をぎゅっと押しつぶすように握りしめてきたのだ。胸からも、強烈な快感が突き上げてくる。

 

マン汁を溢れさせ始めると、もうたっているのもやっというという感じさえします

こうなってくると、小林も、修学旅行に来てコクるのを楽しみにしている中学生と大して変わらない。真菜が一人っきりになるチャンスを始終窺うことになる。しかし、もちろん、なんと声をかけて良いものやら、いくら小林でも迷う。スケベだが根はマジメな小林は、女遊びをしてきたわけでもないのだ。学生時代は、それなりに彼女ができても、仕事の忙しさでついつい疎遠になっているスキに振られてしまった。

肉棒をおいしそうにしゃぶるもっか、彼女いない歴1年になろうとしている小林なのだ。その小林は、真菜の後をつけるようにロビーにまでやってきた。ちょうどロビーに出た瞬間、携帯が鳴った。真菜の携帯だとっさに柱に隠れてしまった小林だった真菜は、向こうの柱の影で、携帯でなにやら話している親しげな様子だ。「ダンナかなあ、相変わらず、仲良いんだ……」夫と仲の良い人妻に、いったい、何をどうしようというのか。自分がひどく空しいことをしているのは、では分かる。

マンコを堪能いたしました祝
バイブを舐めながら感度を高め、

膣奥に出させていただきました

彼女は、お尻を横切るバラ色の鞭跡の痛みに息をのんだ。同時に、電流のようなものが脊柱を駆け上り、首の根元まで走った。彼女は、激しい苦痛に耐える間、興奮からではなく、枕に体をこすりつけた。まだお尻にあった手はドクターが下がると離れ、ドラの背後で鞭が小気味よく風を切った。彼女は再び打たれ、また打たれた。三回目の鞭は、ついに彼女を叫ばせた。ドクターは、”定のリズムで彼女を打ち始めた。エッチのほうへ流れていく


JK制服が似合いすぎる彼女は

彼の鞭は、一打ちごとに充分な強さで打ちおろされ、彼女の白い肌にきれいな赤いみみずばれを残した。彼は、ドラの大きく開いた太ももの裏側も打ち、彼女を泣き叫ばせた。それから、腰の両サイドも打って、拘束された体が動ける限界まで、彼女をのたうちまわらせた。やがて、攻撃の矛先が彼女のお尻に集中し、ドクターがその燃えるような頂に新しいみみずばれを重ねてゆくと、ドラは大声で泣き叫びはじめた。彼女は限界で、もうこれ以上耐えられそうになかった。

中出しSEXをお楽しみくださーい

巨乳にソープで癒されたかったという貴方の為に泡姫が至れり尽くせりのサービスを施してくれちゃいます

乳首をコリコリにして感じちゃいます

「御主人様」だなんて、そんな顔の見えない呼び方じゃなくて、名前で呼びたいし、彼も名前で呼んで欲しいって言ってる。そうするとやっぱり私達は、SM系でもないのかな……。分類なんて、どうでもいい事なのですけどね。私は結局のところ、拘束プレイが好きなだけの、快楽系ノーマルなのでしょう。そしてもう1つ付け加えるなら、知れません。

ファックで抜きまくってください

でも、きっとみんな、て彷徨ってるんだよね……?私は自分のすべてを受け止めてくれる人が欲しかっただけなのかもそうだよね……?こんな自分を無条件で受け入れてくれる人を探し首輪を付けてもらったあの日から、私は彼の所有物になったの。この体は彼からの借り物なのだと思うと、会える当てがなくても毎日のお手入れに気合いが入って楽しくなった。なのに切なくてたまらないのは、私のモノが何一つないのだとしたら、時に今の自分が完全に消えてしまうから。彼の心から私の存在が消えたそうなったらきっと新しい私に生まれ変わるのだろうけど、そのときに今の自分が消えてしまうのが怖くてたまらない……。緊縛赤い長襦袢変態界における恋愛と失恋失恋って、その人に会えなくなること自体も辛いのだけど、それよりもっと辛いのが、自分に自信が持てなくなる事だと思う。

 

アナル舐めまでしてくれるとっても献身的なひまわりちゃん

小林の合いの手はとんでもないセリフだが、こういことにはただでさえ2人はにこやかに真菜をエスコートするのだが、その実、真菜が何も言わず、える腕は、さりげなく、乳房に押しつけ、感触を楽しんでいたりもする恐縮しているのを良いことに、抱もちろん、真菜は、胸にあたる腕の感触に気がついたが、ろうと気にも留めないお人好しなのが、お嬢様育ちらしい。こうやって支えてくれるのなら、当然、触れる部分だそれよりも、こうやって、夫以外の男性に身体がくっついている状態そのものにドキドキしてしまうしかし、他人の善意にヘンなコトを考えるなんてと、むしろ、真菜は自分に恥じ入ってしまうのだ狭い店内だ。他の客をよけながら歩いても、トイレまでいくらもない。「もうここで大丈夫ですから、あの2人が、トイレの中まで抱えていく勢いなのを、真菜は羞恥心から断ると、山崎の目がとっさに目配せをした。アイコンタクトを悟ると小林は、いきなりスッと力を抜いたのだ。

乳首をコリコリニしてしまいます片方を支えられている分だけ、とっさにバランスが取れずに、小林の方にぐらりと身体がよろけてしまう「おっと、ほら、いわんこっちやない」予期していた小林は、万全の態勢で真菜を受け止めた。な胸に回るのもあたりまえ。もちろん、抱き留める形だから、支える手が、その豊か小林は、光太郎以外は触れた者のない真菜の胸を、「おっと、失礼。大丈夫ですか」服の上からとはいえ、見事にその掌に入れたのだ。そう言いつつも、真菜の態勢が整うまでは手を動かせない。らに崩すのは簡単だ。半歩下がれば、抱きしめた形の真菜のバランスをさよろけたことに注意が行って、「おっとつと「大丈夫?小林に胸を触られていることまでとっさに、気がつかない。

オマンコはこうやって洗うのか・・・、さらに想像力を掻き立ててくれる貴重なシーンだ
フェラ&手コキで濃厚W

オナニーが終わったところで、今度は

この写真は刺激が強すぎるから、いきなりはムリだって。そしたら、春佳のヤ女の決断は、強いのよ。ね、真菜さん。この写真。今、「だって、真菜さんは、覚悟していらっしゃったんだもの。あなたは褒めてくださった。本気でしょ?「えっええ、確かに、本当に素敵な写真だって思いましたけど春佳の「覚悟して」と言う言葉が、真菜には突き刺さっていた。「私、何を覚悟して来たんだろう」「いやあ、おまえさんには負けましたよ。お尻の穴も、全部丸見え


拘束されているかなちゃんに逃げ場は無く…

じゃ、真菜さん、納得できるまで話をしてやってください。の準備にかからせてもらいます私は、この後クルリときびすを返すと、もはやチラリともこちらを見ずに、いつか、真菜が羞恥を曝したあの地下スタジオに、足取りも軽く降りていってしまった。「さ、真菜さん。聞きたいことは、何でも聞いて。お互い、恥ずかしい姿を見てしまったんですもの。隠しっこなしよ。何でも、本音を答えます。だから……」いったん言葉を切った春佳は、真菜の目を見つめたまま、グッと身を乗り出してくる。「お願い。あなたも、照れたり、恥ずかしがったりしないで。何でも話します。

乳首を弄られると甘い喘ぎ声が漏れ出し、薄く毛が生えた

人妻のカラダは食べ頃です

チンチンを入れようとしちゃいます

もちろん、邪魔な下着やサポーターをつけさせません女子のものとは違い、男子向けのは、タンクトップがゆったりとしています。「あん、いやん、あなたぁ」甘えた声は、夫婦ならではの戯れと言うこと。がっついている様にも思える行動も、いつもの夫婦でしかないという裏返し。妻は、ちゃんと分かってくれていますタンクトップの脇からこぼれんばかりの妻のやわらかな白い胸に、後ろから抱え込むように手を伸ばしました。紺のナイロン。薄く、すべすべした生地の上から、丸い膨らみを手のひらに入れて、サラサラと撫でまわすと乳首がツンとわずかに飛び出してきます「ああ」ヒクンと肩をすぼめるようにして、わずかに顎が上がります。

ピストンに息絶え絶えになりながら幹事まくると、男は大量の

「あなたぁ」胸全体を包み込みながら、クリンクリンと手のひらの中で乳首を転がすようにするとそっと手を差し入れると、弾力のある妻の乳房が手の中で、フルフルと震えますああ、とわずかにうめくような声を漏らしながら、次第に背中を私に預けてきました。「ああん、もう、あなたったらぁ」緩やかなタンクトップの脇から、そのまま、スルッと手を差し込むと、ひんやりとやわらかな膨らみの頂点で乳首だけが硬く尖りきっています。ユニフォームの上から、私の手を押さえますが、なめらかな生地のおかげで、自由に動けます乳房の柔らかさを楽しみながら、表面を撫でるように、サワサワと触ると、妻は、いつも急速に反応が激しくなってきます「もう、あなたったら。あん、懸命な表情で訴えます。ね。そろそろ良いでしょ。もうお客さん来ちゃうわ」背中を預けながら、そのくせ、妻がかろうじて押さえている手の下で私がサワサワと動くと、ああとうめいて溶けるような反応をしてしまうのです。

 

オマンコ全開でオナ披露

当日、主人の実家に子供たちを送り届け、主人と社員を駅まで見送った。毎年、出発前の、主人の嬉しそうな間抜け面を見るたびに、腹綿が煮えかえるほどの屈辱感がわくのだが、今回に限り、そんな気持ちは、これっポッチもなかった。できれば、その場で、大股を開いて、言ってやりたい気分だった。「私も楽しむから、お前も、楽しめよ~」ってね(笑)。私は、その時、「広大くんに後背位で、思いっきり、突きあげてもらっちゃおなんてことを考えながら、主人と社員たちの後姿が、改札口から消えていくのを、ニマニマしながら見送った。すでに12時を過ぎていた。急いで、会社兼自宅へ車を急がせた。

オマンコに指をズブリと主人以外の他人とのHは、結婚して、10年近く、経験がない。ドキドキが止まらない。しかも、相手が童貞だ。車のスピードに、感情を乗せるかのように、母親から、妻、妻から女、女からメスへ変化していく自分に酔った。車内で、ひとり、大声で、パフィーの「アジアの純真」を唄った...。約束の時間2時、10分前に広大くんは、会社玄関のベルを鳴らした。私は、ドアを開け、広大くんを、満面の笑顔で招き入れた。

オマンコも手入れをしていない感じがさらに興奮しますよ
ファックに、全身をばたばたさせて感じる姿は大迫力です

フェラがどうも下手らしく、海外に赴任中の彼氏に宿題として

真菜のヘソをくすぐる羽根が増えたのは、紛れもなく「もう一4本の羽根箒を同時に使われて、真菜は、身体を硬くして、ひたすら耐えるしかないのだが、を次々と襲われては、縛られた身体を身もだえさせるだけだった。思いも寄らぬ場所もはや、事実は、始まって、その苦行がどれだけ続いているのかも分からなくなっていた。10分も経っていないのだが、真菜にとっては、それが、何時間も経ったようにも感じたし、抵抗しようという気力を奪うには十分な時間でもあった。「お姉ちゃん、騒がないって約束するなら口のテープを剥がしてあげるけど、どう?」もはや、大声を出してどうにかしようとする気力は残っていなかったおまけに、追い詰めた身体が空気を要求していた。口を塞がれたままでは、喘ぐような呼吸をすることもできないのだあいかわらず、嬲るような羽根の動きを、一刻も早く止めて欲しいと、そればかりが頭にある真菜は、と、懸命に肯くしかない。オマンコを弄り始めると愛液がドンドンあふれ始めます


アナルの快感に目覚め、容赦ない

「だめえ、お願い、騒がないから、ああ、早く、早く止めてぇ!もうだめぇ」「ははは、だいぶ、真菜姉ちゃんも参っているみたいだね。じゃあ。剥がすけど、その前にね」「え?あ、だめ」コクコク今まで忘れていたが、下着姿なのだ。巧みの手が、素肌にあたり、胸の谷間のブラに指をくぐらせてくる。次の瞬間、無防備な胸を、それでも頼りなげに覆っていたブラが、いきなり、肌から持ち上げられたかと思うと、ブチつという音がして、胸を締め付ける力がいきなりなくなった。INNKn·え?ああ!いやぁしブラが取り去られてしまった。

巨乳を揉みまくられて

フィニッシュですとっても可愛いソープ嬢の極上サービスで抜いちゃってください

オマンコを広げて見せてあげるとローターでクリちゃんを刺激されてぬれ始めます

広大くんは、会社兼自宅隣にある倉庫内の棚卸から、器具の整理をしていました。家事を終え、私は、彼の様子が気になり、7分丈ワイドパンツに、Tシャツというラフな格好のまま、行ってみました。8月のクーラーもない倉庫。大型トラック1台が収まる程度の小さな倉庫。人が動けば、すぐにホコリたち目を凝らせば、ネズミでも出てきそうな日の当たらない場所。ヘタをすれば、蜃気楼でも見えそうな温度の中で、黙々と棚卸をしていました。

下着姿になると、グッショリ濡れ始めた

入口の棚の上には、お母さんが、きちんとアイロンがけをしてくれたであろう、襟元が包丁の歯のように立った清潔感あふれるラベンダー色の半袖シャツが、無造作に置かれていました。ダークネイビーのワークパンツ.ブルーのボーダーVネックシャツ。今時のおしゃれな若者には不似合いな場所。「ごくろうさま」私は、少し驚かすつもりで、広大くんの背後から、そっと忍び寄り、いきなり声をかけた。「あっ」振り向いて驚いた顔が、また、キュート。「お疲れ様です」そう言うと、広大くんは、私に向かって、白い歯を見せ微笑んだ。

 

エッチがしてみたいなーと思ってと、テレる姿も可愛いです

レンチについていたたこ糸で頭の後ろに回して固定します。「手足はあえて縛らないけど、動かすとかえってケガをすることになるんだからなコテが焼ける臭いがしてきます。赤目はわたしの手首からヒモをほどいてコテを持ちました彼がなにをするのか、見ることはできません。ただ、股間の正面にいるのがわかります「せっかくこれを選んだんだから、最初に処女膜を焼いてあげるよ。どうせ破いてしまうんだから、いいよね」処女膜を焼くそんな恐ろしいことを……。わたしは体を硬くして痛みに備えました。

人妻は欲求を解消すべく快楽のみを追及しますそもそもそれは膜とは呼ばれていますが、膜ではないのです。膣の入り口にあるその一部が必ようなものに過ぎません。ず裂けるわけです。「広げてやるよ」実際に男性によって膣に性器が挿入されると、ザラザラとした彼の指を感じます。おぞましい限りです。容赦なく、そこが押し広げられます「ふふふ」と不気味に笑います見えているよ。はっきりと。薄い白っぽいやつがね。だな」ここはあんまり痛みはないはずジュッと短く音がしました。じわじわと熱さが伝わります。

肉棒を根元から先端まで激しいバキューム
オマンコへと手を伸ばし始めます

エッチしてないねん

それなのに、今は、パレオ無しの、ビキニ姿で、目の前にいるのだから、瞬時に勃起してしまったのも無理はなおまけに、何を思ったのか、見せつけるように、眼に焼き付けたのも当然だった。小林の目の前で真っ直ぐに立ったのだから、一瞬で、その姿をあの時には気がつかなかったが、可愛らしい形のヘソまで、見つめ、ついでに、らかな胸が水着からこぼれそうになっている裾野を、まじまじと見てしまった。いつか、トイレの中で見た、柔こんな時だから、大胆に見つめられたのだが、れるのは当然と思える相手だった。もし、プール指導の時に、そんな眼をすれば、てきめん、痛罵さその興奮は、こうして、湯に身を沈めても収まらない。1メートルほどの距離で、こうして向かい合っていること自体、小林の勃起をいや、白い肩しか見えなくても、最大限にしてしまう。挿入して、そのまま場所を変え、体位をかえて、余すところなくくるみちゃんの体を味わいまくり


オッパイが印象的な彼女

「あ、あの……」「はい?」顔を上げずに、控えめに答える真菜の声が、なぜかしっとりしている気がした。温泉、気持ちいいですね」「え,え」「こんなに気持ちいいのに、水着なんて、ちょっと野暮な気がしませんか?「え^.まあ、ええ」「あの、失礼して、僕、脱がさせていただきます」急いで立ち上がると、言うが早いか、小林は、ザバリと、ルと、水着を扱き降ろしたのだ。そのくせ真菜の顔に波飛沫を立てないように、スルス普段の真菜とは違い、小林が立ち上がるのを、チラリと見上げたが、止めもしなかった。小林としては、もちろん、勃起したモノを見せるわけにはいかないから、腰だけを捻って、さりげなく隠しながらだが、かといって、絶対に見えないようにして脱いだわけでもない。しっかりと目撃してしまったが、事実、チラリとだが、カチンと音がしそうにまで勃起した先端を、も言わずに、眼を下げた。

ファックを展開します

オマンコにモノをぶち込まれると大絶叫してくれます

フェラもなく、服を着たままでいきなり背面騎乗でファ〇ク開始

まずは局員だって証明書を出せ今度は卑屈に媚びた表情で幸久を見上げる先ほどまで眉間に皺を寄せて、高圧的に家捜しをしていたのと同一人物とは思えない。「それじゃ、まずはあんたの上司に電話させろ。どんな研修をしたらこうなるんだ」携帯を突き出すと、女は唇をわななかせ、かぶりを振った。「ごめんなさい......。まさか今時、テレビのない家なんてないだろうって」どこまでも失礼な女だ。幸久も一昨年まではテレビを持っていたし、受信料も払っていた。

愛撫の仕方を教えてくれる

だがMHKのビジネスニュースでは、幸久の会社が開発した新技術を、別の国のオリジナルだと誤報され、取引先が一気に減った。何度も抗議したが、訂正放送は数週間後の午前5時に、十秒だけ。以来、幸久をはじめ大多数の社員はMHKと聞いただけで嫌な表情になる。幸久がテレビを捨てたのもその事件がきっかけだった。だがそんな背景を、この徴収係の女は知らない。甘えるような表情で付け加える。わたし、離婚して娘も小さいんです。

 

膣内まで丸見えドアップにして、電マでガチイキして恥ずかしがるみれいちゃん

ご命令を昭彦のことを、昭彦様と呼んでみるのです。彼の父親を呼びつけてあれこれ仕事を頼んでいるわたしが、その息子の命令に従う奴その妄想はさらに舞い上がらせるのです。左手の手首の内側に、暗闇の中で、乱暴に書かれた+1ケタの数字を眺めているとなんだか体の底からうれしくなります「なんだ、うれしそうだな」朝食のときに、父に言われてしまいました。「なにかあったのか?父が立ち上がって、わたしの左手を取り、そこに番号を見つけて「なんだ、これは!」と怒り出す、という恐怖の瞬間もあり得るかもしれない、とまた妄想するのです。ですが、父との間には大きなテーブルがあり、そこには毎日、わたしが生けるフラワーアレンジメントがどんと置かれています昭彦様の父である当家の執事·牧野知男が父の面倒を見ています。

オマンコに大コーフンのウサギ男のモノはビンビンになってしまい、ソレを一生懸命あり、昭彦様の母でもある牧野シズエがいます横には料理人でもいつもの朝。特別なことが起きる予兆などはありません「大学はおもしろいのか?「まあまあ」「少しは人の心が読めるようになったのか?「それはムリ」心理学に夢中になっていたからか、父はそんな風にからかうのです。人の心を知りたいと思っていたときがあったのは事実ですが、学問そのものにそれほど興味が持てず、ほとんど放り出してあります父の言葉はある意味、天啓のようなものでした。そうだ、心理少しは興味があったのに、放り出していたもの。いまこんな妄想を抱き、自分を抑えられないほどの衝動にかられているのも、心の動きがあるからですわたしだって人間で、心もあるのですから、自身の心理を学ぶ必要がありそうですあとで調べてみよう、と思うのでした。

パンチラからカワウィ~です
フィニッシュする前に終了

JKコスプレ娘・伊藤美由紀ちゃんをナンパしちゃいました

萎えたままでしたが、グランスは顔を出していて、大きさは12.3センチでごく普通でした。エレクトしたら17S8センチになるでしょう。しかし私は、遥のコックサイズなんて、とが嬉しかったのです。どうでも良かったのです。久しぶりに、若い男とベッドを共にできるこ遥は私をベッドに誘い、枕の方へ私の頭を置き、遥は私の足の方に顔を向けて、互い違いに横になりました。私は遥のコックを唇で舐め、銜え込みました。挿入アクロバット体位や強烈な


マンコを責められ、口にはちんぽ、手にもちんぽと忙しい

萎えたコックが、口の中でエレクトして、堅く、太くなるその変化が大好きなのです遥も顔をアンダーヘアに埋めて、雌しべを舐め、吸いました。く大きくなりました。私は手でコックをコントロールしながら、は私の雌しべを吸い続けました。私の口に含んだコックは、すぐに鋼鉄のように堅摩擦を与えました。その速度に合わせて、遥の舌私が速度を速めると、遥も同じ速度で舌を遣うのです。もうガマンできなくなり、腰を持ち上げて、舌の位置がもっと下へ降りていくように期待しました。やっと私の願いは叶えられました。

エッチな会話をしながら

チンポは戦闘準備が整ってしまうわけでトークもそこそこにプレイボール

オマンコを容赦なく攻め始める男

喘ぎ声をたてはじめた生斗の様子から、クライマックスに近づいていることを知り、姿勢を変えて生斗の前に跪いて、コックの先にキスをしました。「口に含んで!」生斗の欲求に応えてコックを口に含み、ボールを上下に舐め回し、時にはキュッと締まった大きなボールを舐め出来うる限りのテクニックを与えました。激しく腰を動かし、て、またグランスを吸ったり舌を泳がせたりと、私は生斗の手を感じました。両手で私の頭を包み込むと、大量のスペルマを噴出したのです。お腹が一杯だったのですが、すべてのスペルマを吐き出すまで、生斗の濃い香しいミルクは美味しく頂きました。コックから口を離しませんでした。

アナルの感じを見てもらおうと、

朝食を済ませて間がなく、生斗のコックが、「生斗、最高の朝食をありがとうこんな美味しい朝食は生まれてはじめて食べたわ」私の冗談に、生斗は笑い出しました。昨日は生斗を、セックスで支配しようとプレイを始めたのですが、どこで行き違ったのか、今では生斗に「首ったけになってしまっているのです。そのまま服を整えて、昨日やり残した作業を続けました。昼過ぎには、予定していた作業はすべて終らせることができました。次は壁紙を貼る作業ですが、スチームで洗い流した壁が乾くのには、まだ2時間はかかるでしょう。

 

オナニーの実況中継

一突き、一突き、角度もスピードも変化を加え、確実に真菜を追い上げていく。反応はすこぶる良い。心の中で頭を下げる。「ああ、あうう、おおおうつ、おうっ、あうっ、はうぅ、あうっ」どこか切なげな、何か籠もったものを感じさせる短い、うなるような声が絶えず、唇から漏れている。おまけに、達也の突きにあわせるように、うねうねと、無駄なニクは全くないくせに、男の心をとろかすように、ふっくらと柔らかく、丸い尻が動いている。くねくね、くねかすかに迎え入れる動きも見せるし、怒張が抜き去られる動きを追いかけるようにも、淫らにうごめく。達也は腰を使いながら、淫らな蠢きをそそのかしでもするように、尻の丸みを手のひらで愛撫し続けるだけで、腰を押さえようとしない。

オマンコをかき回されてガッツリハメ撮り「はうっ、あううう!」真菜の白く、しなやかな背中がのけぞった。達也に尻を差し出したまま、三日月型に仰け反った真菜の顔が、しを向くほどだ。細いあごが、ぐっと反り返りながら、声にならない絶頂を告げる。再びオーガズムを迎えたのだ。ガクッと、真菜の首が落ちた。一瞬、部屋中の物音が消えたかのように、すべての動きが止まる力が抜けきっているはずなのに、真菜の尻だけが、達也に捧げられるように突き出されている。いや、真菜の意識があるのかどうかすら分からぬのに、微妙に尻がうねっているのは奇妙な感じだった。

オマンコをカメラへと広げて見せ、ぴちゃぴちゃと音を立てて舐め上げる
チンポ奉仕は胃液を吐くほど、喉の奥まで突っ込まれる

バイブを片手に握りしめ、果たせなかったあの頃の想いを胸にいざ懐かしの地へ、感動のラスト

ううん、近所の人が気にするかもしれないよね」「むぐう」ガムテープの中でうめきを漏らした。再び、脇腹を甘やかな刺激が襲ったのだ。真菜は、いやあと、叫んだつもりだったのだ。僕、逃げなきゃいけないよね」そうなったら、さらさらとした指遣いが、「ね、宝物にする前に、真菜の二の腕をたどっていた。びりびりした、甘やかな感覚が、真菜の背中に響いてくる「なんで、ああ、なんでなの、身体が敏感すぎる」耳元で囁く巧の声は、どこか妖しげな淫猥さを持っている気がした。「途中で逃げ出すくらいなら、このビデオを、僕だけのモノにしないで、みんなに見てもらおうかなぁって」「え、どういうこと?」ブラの肩紐だけが残って、むき出しになった、白い肩がヒクリと震えた。巨乳にマン毛が剛毛


クンニされ感じ始めます

つきながら、さらに真菜を驚かす言葉を続けた。「あのさ、今、自分で撮ったビデオをネットで公開できるのって知ってる?巧の指先が、ねっとりと、肩紐に絡みさすがに、その程度のことは知っていた。まさか、そこに、今撮っているビデオを載せるというのだろうか。真菜の身体は凍り付いたように硬くなった。「大丈夫,お姉ちゃんさえ、協力してくれたら、誰にも見せない、僕だけだよ。おっと、こいつも見てるけど、クチの硬いヤツだから心配ない。お義兄さんだってよく寝てるよ。