騎乗位での結合部はクリア

巨乳が揺れまくってさらにエロ度急上昇♪あまりの気持ちよさに大量

フィニッシュはどっぷり

「私、もうイキそうですぅ」愛華は苦悶の表情を浮かべる。「俺も、もうだめ。イキそう」階節ももう限界といった表情だ。「それじゃあ、みんな力を合わせて同時にイクはわよ。5、4.3、2」真琴がカウントする。「1、ゼロ!」全員同時に堰を切ったように体をビックンビックンと痙攣させた。俺もイクのをこらえていた白子をどっぴゅーっと黒部ダムの放水のように大解放した。そして部員全員の性器つまり、ちんぽ、おまんこの部分が急に光り出し、その光は宙に舞い魔法陣の中央で交わった。

オマンコは濡れるたびに感度を増しています

そしてその光は輝く球体へと変化、さらには身長5メートルはあろうかという人型の生き物へ変化した。「久々の地上じゃわい」その生き物は低くうなるようにつぶやいた。「やっと会えた。あなたは地球外生命体ね?」真琴は目を輝かせる。「なんのことだ?わしは数百年前にこの村人に封じ込められた魔物じゃ」と人型は答えた。そして俺たちは目が慣れてきたのかそいつの姿をはっきりと認識した。

 

中出しSEXをお楽しみくださーい

彼女と接するたびに頭に渦巻いては消える。などと聞けるはずもなく。その悶々とした気持ちを、とにかく仕事にぶつけた。どういう意味か?そしてやっと、やっと、あの接待ゴルフに出かけた役人さんから「向こうに君の話をしてみようか。成功の約束は出来ないけれど」と言ってもらえるところまで進んだ。この件を報告すると、支店長は喜び同僚たちは歓喜した。

チンコを喉奥まで入れてご奉仕してくれたぁこっちに来て二ヶ月、そこまで話が進むとは誰も思っていなかったようだ。僕にとってはまだまだ入り口に辿り着いただけという感想だったのだけど。「ああ。君は大したものだ。さすがといおうか……本社営業係長推薦のことだけはある。だから、ここはひとつ慰労をこめてだな「しかし、まだやっと糸口を掴んだという程度で……」「まあ一日くらいいいじゃないか。これまで忙しかったし、君の歓迎会をぜひ開きたいとみんなが言ってる」自分の知らない間に、歓迎会は週末に設定されていた。しかった。そして、週末。

オナニーしているらしい
オナニーに夢中になってしまう…

巨乳娘・日高のりこちゃん

もち何を考えるよりも先に、左手が伸びていた。閉じようともしない、しなやかな両脚だった。簡単に、指先が、グッと沈む。ニチャリと微かな音がした。山崎の左手は、真菜の秘所に届いてしまう。「ぐしょぐしょだよ、センセ」思わず声に出してしまったのだが、山崎のその言葉は、真菜に羞恥の責めをしたのと同じだったきゅうんと、快感が身体の奥からこみ上げて来たのだろう。押さえた身体の下で、いやあ、とか細い声を上げ身体を震わせる。「あう、あう、や、やめ、あうう」完全に、淫声だった。ひどく、通る声だった。ピストンで痙攣イキ&生


チンポを手コキする姿は大興奮

こういう声が、興ざめな声になるオンナもいるが、真菜の声は、はかなげなのに、オトコをくすぐるようなきれいな、美人の声は、こういう時でも美しいものだと、山崎はヘンなところで感心してしまう。オトコをとろかす淫声とはこういう声を差すのだろう。「毎晩、こんな身体を自由にできのかよ。しかし、へへへ、今日からは、俺も仲間入りだぜ」ダンナを心底うらやんだ後で、これから、自分もこの身体を自由にできるようになるのかと思えば、りも寝取られるダンナをあざける気持ちの方が強くなる。「この身体を、味わうのが、今日が最後になるなんて、それはいけませんぜ、へへ」うらやむよもちろん、今日のことを「元手」にして、たっぷりと楽しむつもりだった。なんて、我慢できるはずもない。「それには…くくく、たっぷりと、感じさせてやるからな」こんな身体を抱けるのが、一度だけ指先が埋め込まれたぬかるみは、柔らかいクセに、みちりと、指に絡みつくようなしっとりした感触だおまけに、下からぐっと、入り口をなぞるだけで、ヒクヒクと身体を震わせて、男をとろかすような声が噴き,ぼれるこうなっては、いくらマジメそうな真菜と言えども我慢できるわけがない。