マンコを広げられるとビチョビチョで喘ぐ顔も可愛らしい

中出しという、喜んでいいのか悪いのか微妙な特典が・・・

奴隷はMAX状態に

いよいよきょうは出発です自動車の準備は万全です。私はブーツを履き、着替えや小物を入れたバッグを持ちました母が用意してくれたピクニック用のバスケットには、サンドイッチや果物など、愛している母が考えることができる、すべてのものが詰まっていました。太陽は輝いていました。ひとり旅でワクワクして運転席に座りました。両親の見送りを受けて快適に車を進めました。ワクワクした気分とは逆に、場所を探していました。

オマンコ周辺に発射された

初めての遠出で緊張が続き、お腹も空いてきたので、休憩をするために車を停めるまもなく小さな林の前に適当な空き地があるのが見えましたので、そこへ車を向けました広場は一休みするのに適した大きさで、ゴミもありませんでした。車からグランドシートを取り出し’草の上に広げました。バスケットとペットボトルを用意して、太陽を全身に浴びるためにシャツを脱ぎました。満足なひとときを得ることができたのです。気分よく食事を済ませました。太陽を浴びながら草原でとる食事は、とても美味しかったのです。

 

エッチされちゃうということでいつもよりも感度増大

「いけない」もし、あのまま、抜き去られてし巧の怒張を思い出した瞬間、また、ジュンと音がしそうな勢いで、「いやあん、やっぱり、わたし、おかしくなってるぅ…」自分が濡れてしまったのだ。濡れた秘唇に指が伸びていた「ああ、クリットが、こんなになってる」意識するよりも早く、静かに、ゆっくりと、指先に、プックリと膨らんだクリ。リスをはっきりと感じている。円を描くように中指で撫でまわしていた。「ああ、とまらないい…感じたはずだった。鋭くなりすぎている性感を、だめえ、だめなのにぃ」さんざんに、あの日以来、毎回達していた。あらいざらい夫に掘り返されて、身体が蕩けるようなオーガズムに今までなら、めったに到達しないほどの高い絶頂にまで、りと満足したはずだった。何度も何度も逝ってしまった。今日だって、たっぷおまけに、最後は、愛する夫の放出を子宮に受け止めて、身も心も女として十分すぎるほど満足したはずだったのに「まるで、色魔よね、ワタシ。でも、今日はだめ、このまましちゃだめよ。

股間が熱くなること間違いなしだって…」微かな悲しみと後悔を感じてしまうのだが、指が止まらない。このところ、夜中に目が覚める度に、困ってしまうのだ。夫の息づかい、寝ぼけた夫の手が載せられた肌のぬくもり、偶然触れてしまった夫のモノ。そう言う些細なきっかけで、オンナが「目ざめてしまうのだ。それでも、今日は違う。誰にも言えないことだけれど、あの日のことを思い出して濡れてしまったのだ。

オナニーをしたりと少し
パイパンおまんこへ接近

ファックで何度もイカせちゃいました

だから団地の庭の掃除をする」とポコスケの言葉。宇宙の先進的な文明は基本的にフリーエネルギーを活用している為、「低レベルな」労働と呼ばれる行為を行わないそうだ。宇宙の連中は気楽でいいよな。地球上のヒトが行う「はあ、じゃあお前一人で行けよ」と俺が言うと「だめだ。俺,人は怪しまれる。何せ俺、レッサーパンダに見える」とポコスケ。宇宙の最初から人型のロボットを最初から地球に送り込めばいいのではないかそんな議論が色々があり、俺とポコスケは今、古びた団地の庭の植え込みのごみを拾ったりとか掃除をしているのだ。ザーメンをしっかり絞り上げた後は、再び部屋に戻ってガ


お尻を振って歩く姿が色っぽい女性を街角でナンパ

山にある黒百合女子大学の学生だそうである。彼女の名前は中野愛。一緒に働いてるやつの中に女子大生がいた。話を聞くとお嬢様学校で有名な青こちらに近づいてくるかと思えば開口番、「大学でちんぽの研究をしています。ご迷惑でなければ協力してくれませんか。手作りパンプキンケーキもごちそうしますよ」などと訳の分からないことを言ってきた。こういう輩は脱法ドラッグなどに手を出していそうなので関わらないのが,番、と踵を返そうとするとポコスケは俺の腕を掴み、「もう少し様子を見ましょう」などと某時代劇のじじいのようなことを言ってきた。近くの愛の部屋へ移動すると、愛は俺を全裸にさせた挙句、ポコチンをしごき出したり、撮影したり、何かメモをとるような動作を繰り返した。