フィニッシュです♪ちょっぴりいつもと違ったシュチュエーションの

股間を弄られるとピクピクと反応をし始める

フェラの後は、スプーンへと流れ込み、お次は全部丸見えの背面

一方で、我が妻の、とことん乱れるところを見てみたいという暗い欲望が、背中に、いや、胸の真ん中にどっかりと居座って、身体を金縛りにしていた。もはや、光太郎とのセックスでも出さない、淫らな声をひっきりなしに噴きこぼしていた。「ああ!感じます!あうふんじるう!う、あうう!ああ、そ、それぇ、あううまたあうう、や、いやぁぁ!あう、お願いい、い巧は再び、抜き差しを浅くする。食って、悲鳴を上げてしまった。一気に究極のオーガズムへ駆け上がろうとした真菜は、またも、オアズケを「どうしたの」「ああ、あう、いやいやぁ、お願い、お願いよ、もう、もう苦しいのねっとりとした真菜の秘液にまみれながら、その湯気が立たんばかりの姿を光太郎の目の前で、見せ、長大な怒張は、その先端だけが、申し訳程度に埋め込まれているのだ。真菜の身体は、腰をうねらせながら、壮絶なまでに汗を浮かべていた。

オマンコを指でかき回されると、あまりの激しさに大量

思いっきり逝きたくても、えず、最後の瞬間が延々と引き延ばされている「オンナの恨みの汗」だった。逝かせてもらあの、冷静で強気の真菜は、この世から消え失せ、目の前にいるのは一匹のメス、それも「飢えたメス」なのだと、光太郎は思い知らされてしまう。「うぅ、くそっ」光太郎は、思わず小さくうめき声を漏らしたが、そんなことに気づく余裕は、もちろん今の真菜にはな「ああお願い、もう!」悲痛な声を漏らす真菜に、オトコは、余裕の笑みを浮かべた。「さ、お姉ちゃん、好きって言って、そうしたら」「ああ!まるでご褒美の予告でもするかのように巧の腰がわずかに進められたのだ。こらえようのない真菜は、ずかな動きにも、最大限の反応をしてしまった。

 

挿入しながら部屋を移動しちゃいます

「ああああし鋭い声を放っていた。止めようのない声だ。白い光が、幾度も目の奥で、フラッシュする。子宮に届くほど奥まで貫かれていた。真菜の白い背中が、クッと、のけ反っている。その突き出された胸をつかむ達也の手。「あっ、ああ!あああし快感の鋭い声が、スタジオ中に響き渡るその瞬間、真菜は、光太郎を意識できたのだろうか。自分でもわからない。夫の目の前で男を迎え入れながら、その視線を忘れてしまった気がする。

マンコから溢れ出る愛液、その穴に容赦なく突っ込まれる極太に大絶叫する心音ちゃんはまるで、乾ききった大地に水が染みこむように、真菜の身体は、己を満たす肉棒の快楽が染みこんできたのだっ台上の達也にまたがる真菜の白い肉体は、神々に捧げられる供物のように、人々の視線を集めていた。第4「あ、あうう」あう、なぜ、こんなに感じてしまうのかわからないだけど、同時に、なぜこんなに苦しいのかも分からなかった。あたかも祭壇の人身御供のように、真菜は一段高い台の上で白い裸身を人々に曝している。「ご神体」をその身に収めながら神の快楽に身も心も任せているのだ。しなやかな背中をのけ反らせながら、神々しさすら浮かべる上半身。

オナニーのあと、手コキ抜き、
ファックの連続です

フェラを更に激しくしていきます

逝きかけて、直前でオアズケを食わされてわなないているヌードだっ「見たよ」言わずもがなことを囁いて、妻の羞恥を限界まで追い込む硬直が解けた真菜は、向こうをむいて丸くなる。背骨の浮き出た、細くしなやかな身体。ウエストがキュンとくびれた続きには、クリンとした尻が、豊かで柔らかな曲線を見せている。もちろん、乳房重力に逆らって突き立っていた。童女のように丸まった妻の後ろから窺うと、翳りを剃り落としてある秘唇は、すっかり丸見えだ。さっきまでのオナニーで、びしょびしょに濡れたそこは、ナイト·スタンドの光を反射していた。人妻・吉永ほなみさんの本業のナース編です


マンコそしてガッツリ

は、ね、何やってたの?」「いや、いや、いやあ夫にオナニーしているところを見られてしまったのだ。真菜の羞恥は、我慢できるレベルではない。ぁとホンのちょっとで逝きそうだった身体は、真菜の中でどす黒く渦巻いている。そのくせ、躰を責めさいなむ快感の要求に、真菜は、余計に、躰が淫靡になってしまうのか。子宮の奥が痛いほど困惑していたのだ。いや、羞羞恥の瞬間なのに、恥の瞬間だからこそ、身もだえするような羞恥の中で、再び秘唇に手を伸ばせと命令する、「躰の声」と、懸命に格闘しなくてはならな混乱の極致にいる真菜は、「はう、あうう」夫が何を言っても、イヤイヤと顔を振るしかないのだ。突如、秘唇から、とてつもなく尖った快楽が生まれる。