パイパンなのに気づいた男

オマンコはびっしょり透き通るような白い乳房を揉み解し、悶える表情も本気モード男の

ザーメンを受けて大満足のしょうこちゃんでした

Nさん曰く、私のようなケースはなかなか難しいそうで、一回の施術でエクスタシーまでは体験できないかも知れないけれど、時間をかけて性感ポイントを探せば必ずイケるとの事。性感ポイントって本当に人それぞれだそうで。例えばNさんのお客様で、いくら乳首を愛撫してもビクリともしない方がいて、そうしたらその方が申し訳なさそうに「あの、私、アバラ骨が感じるんです」って言うから肋骨のあたりをなでたら、途端に悶え始めたとか。私の彼も、かつて目玉を舐めると感じまくる女性とエッチした事があるそうで、それは強烈に印象に残っていると言っていました肋骨に目玉ねぇ……理解できない(汗)。私にもそんな隠れた性感ポイントがあるのでしょうか(爆)一通り会話が終わったところで、軽くシャワーを浴びていよいよマッサージ開始。

亀頭をべろべろに舐め倒し、喉の奥までパンパンになった巨チンを頬張る

バスローブ1枚の姿でベッドに横たわりますNさんはシャツに着替えて、オイルを人肌に温め、準備を整えます。持参のアタッシュケースには道具がいろいろ入っていて、特に目立っていたのが電1本セット!名付けて「電マ五兄弟」だそうです(笑)。でも、実際には電マを使う事は滅多にないのだとか。「これを使えばイクのは当たり前だから使わない」のだそうです。実はその発言を聞いた時に、ちょっとイヤな予感はしたのですよね。

 

バイブでおまんこを責めたら腰をフリフリ気持ちよくなっちゃうほのかちゃんっ

れ直し、ベルトでしっかりと締め上げます「先生、これ、貸していただけませんか?お尻の五センチの金属棒も入コートだけよりはいブラトップとショーツです。せめて、いのではないかと思ったのです。「だめ」それを身につけていれば、先生は服を片付けてしまいました。「ほら、これがあるだろ」わたしがしてきた帯締めを渡されますこれだけ「なんだ、まだ支度できていないの?マイア様は、赤い縁のサングラス、白っぽいニットのワンピースに、青い上着を肩に羽織っています。膝が出ています。長いブーツを履いています。肩からブランド物のトートバッグを下げていますそこから、毛糸と編み針が見えてます金属のかぎ針をマイア様はさっと抜いて、その先端をこちらに向けるのです。「さっさと支度しなさい」わたしは慌ててトレンチコートを着て、ポケットに帯締めを入れました。「あら、ダメじゃない。せっかくの帯締め。

フィニッシュは勢いよくきれいなのに」マイア様はポケットに手を入れて帯締めを出すと、わたしに差し出します「これを首に巻いてごらん」「首に…」できないの?」「いえ、やります」「ネクタイじゃないんだよ。首を締め付けるみたいに、ぎゅっと締めてごらん」百五十センチほどの長さ。柿色の帯締めを、首に巻き付けていきます「そうそう」幅は11センチもないものですから、ぐるぐると巻いていくと、なかなかきれいにできません「バカねえ。ぐるぐる巻いてどうするの。二重ぐらいでいいのよ。ギュッと巻いて縛ってごらん」首を一周してきついぐらいに締め付けます。だらんと残りの部分が垂れ下がります「その先は、オッパイを縛っている紐に通してごらん」首からオッパイを吊り下げるようなかっこう。「いいね若いからパーンと張ってるわね。

ザーメンを勢いよく
ローションを流し込み、

乳首を立ててコーフンするりほちゃん

僕なら、絶対、女の子みた「ん、ふー、んむっ、んふーツ」えみりんのサラサラヘヤーの動きが少し鈍る。でも、ち○ぼから口を離すわけじゃない。「さあ……男をお口で気持ちよくさせるには、どうしたらいい?魔法の言葉のように。えみりんの、頭が、複雑に。動きは、明らかにスローに。唇が根元を這う時は、舌先が見えるくらいねっとりと。ふつといシャフトではその血管を唇の細胞で味わうもう抜けるかように。凶悪に開いたカリの部分では顔をくねくね振って、その部分に強い吸引を与え。オマンコから潮発射


拘束して刺激をプラス

抜けないかの時には、舌先で男から溢れるささいな汁さえ漏らさぬようにチロチロと。先端、何だそのテクニックはあー僕知らないよえみりんっ!心の中で興奮しつつ叫んでも、巨大な事実が襲ってくるだけ。「係長が、ゆうこちゃんの時みたいに、えみりんに教え込んだテクニック」という事実。そうだ、その調子そう、いいよああ、いいよ?もうえみくんのお口は一級品だ。後はもう少し応用を利かせてね……小学生を優しく褒めるような口調。