ザーメンをりおなちゃんに絞り上げられて

オマンコを激しく指マンでかき回してから本番へ

アナルから怪しい汁が…ギンギンにコーフンした男のモノをじゅるりとしゃぶりあげると、激しい

憧れのあの人が、僕のをいま、ぱっくり咥えてくれてるんだ世の童貞少年の九割が望んでも得られない快感をたっぷりとまぶされながら、彼は薄暗い布団部屋の天井を見上げて声も出せない安っぽい板張りの木目がじっとこちらを見下ろし、おまえさん、凄いことになってるねぇと言っているようだ。言われなくても、自分がこんな僥倖を得ているのが自分で信じられなかった。「ふむ……」股間のあたりで、くぐもった声がかわいらしく呻く。温かく濡れた洞窟に忍び込んだ彼の分身に、魅惑の軟体動物がねっとりと絡みついてきた。亀の頭のような先端を柔らかくレロレロと愛撫し、敏感な裏側を弄ぶようにチロチロと舐める。

オマンコをムスコにかき回されて感じまくると、今度はムスコのコーフンしたモノを

先端の切れ目をちょっと確かめたかと思うと、またその小動物は自らの意思で硬い肉棒に身を絡ませてくるのだ。まるで酔った淑女が逞しい男の体にくねくねとまとわりつくように口の中でれろり、れろりと棒の先端を舐め回されて、いまだ女体を知らない若々しい肉棒はヒクヒクと歓喜に震える。誰も見ることはできないが、その先端からは少量の体液がじくじくと絶え間なく流れ出ているのだった。ああ……と圭介は無意識に吐息を漏らした。世の中にこんな快楽があったなんて。やがて舌での性技を終えた留美先生は、唇を丸い形にきゅっと窄めると、ゆっくりと顔を前後に動かしはじめた。己の肉棒が絞り上げられる新たな感覚に、圭介は呆然と揺れる頭を見下ろす。

 

お尻叩き、握力を付けるための

柔らかな唇に、硬くそそり立ったモノをたっぷりと押し当て、感触を楽しんでから、満足げに、巧がソファから降りた気配がした声が近づく。顔を近づけてきたのだろう。「ほら、大人の1M)遊びだもの、このくらいはね。そっちの方が簡単なんだからね、どっちが良いの?」「やめて、もうでも、あんまりいうこと聞かないとホントに入れちゃうよ。「ほら、捉まったお姫様は、改造される前に身動きできずに弄ばれるんだよ」巧の焦らすような言葉一つ一つが、子宮の奥に響く気がしていた。身動きできないということがこれほど、真菜の官能を刺激するとは、自分でも知らなかった。

挿入した男はグリグリとGスポットを刺激それに「遊び」と繰り返される度に、真菜の気持ちは、絶望から一筋の希望に向かうように仕向けられていく。追い詰められた者の当然の心理だった。いくら真菜でも、この状況で男が女を犯さずに済ますとは思わない。抵抗しようにも、身動き一つできない上にオンナの身体が、たっぷりと蜜を吐き出してしまっているのだ。しかし、相手は、身動きできぬように縛られているが、ひょっとしたら、小さいときから可愛がってきた巧なのだという思いがこのまま犯されずにすむかもしれないどこかしら真菜に期待させるのだ「犯されないかもしれないごっこ遊び……」さっきから、カメラを操作しているはずのもう一人の男は、真菜の意識から消すことができた。巧の言葉通り、一言も言葉を発しないから、今は、自分を見つめる眼は、少ないほど、真菜にとっては、好ましい以上、無意識のうちに、頭から消し去っていたの本能的なものだったのだろう。

素人ギャルにやる気マンマンの男は、丁寧におっぱいと
クンニ、手マンと総攻撃

挿入しながら、強制開口された口に唾を垂らし、

感じて漏らしたんだろ!ちゃんと乳首で感じておしっこしちゃいましたって言いなよ!」すばるは観念した。「はい...。」じてもらしました...。」だから、お願いだから外して下さい...。」このまま帰る。誰かに見つけてもらって、助けてもらいなよ。ま、誰かにその恥ずかしい姿を見せることになっちゃうけどね」鞄を持って、ドア付近まで行く。「何でも言うこと聞くっ、あ、そうだ、popcornのモデルにしてあげるからあっ、お願いいつ、外してっ」最初はpopcornのモデルに憧れてたけど、コイツと仕事したくなくなったから…もういいや。オッパイはイメチェンしていないか心配になります


エッチなボディーが何ともたまんないっす~

携帯のカメラで一応、お漏らし姿、撮って帰ろ。バシャ「バイバイ」終わり。優等生がバカ女達に命令されちゃう騒がしい教室,授業中だと言うのに、生徒はずーっとおしゃべり。先生も、ただただ黒板に文字を書くだけ。あーあ、こんな頭悪い高校、入りたくなかったなぁ。私、安野遥。最近、この学校に編入してきたばかり。って言っても、親の都合であと半年もこんな学校いないけど。クラスの子達と、波風立たないように、マイペースで行くわ。しかし..。その日の休み時間。「安野さんだよね。