オマンコが気持ちよさそうで期待が高まる男

マンコしてるんだろうな~とか、

アナルを散々輪姦され、各穴に

人に見られる事に抵抗はないけれど、見せたいとも思わないし、見られたからってそれで興奮する事もないから。パーティーで号泣してしまうような私は、乱交系でもない。彼も、少なくとも私とパートナー関係にある間は、スワッピングを楽しむつもりはないらしい。そして残るは、SM系。これが一番近いように思います。いわゆる主従関係。本格的にSMプレイをする訳ではないけれど、私は完全に彼のうになって、その証に首輪も買っていただきましたし。「従」という感覚。

パイパンでナイスボディな七瀬ともかちゃんの

お付き合いするよ首輪を付けた時の、精神的な安心感がたまらないのです。縛り付けてM字開脚させて言葉攻めしていただいたりとか、私がギブアップするまで突きまくっていただいたりとか、バスルームで放尿の躾をしていただいたりとか、乳首の責め加減が絶妙とか、蝋燭は熱いから苦手とか、アナルは無理とか、スパンキングは好きだけどやっぱり痛いから5回までにして欲しいとか……あれ、やっぱり私、全然M女じゃないですね。この程度の事、単なるSMごっこに過ぎないですよねでも、彼の仰る事には何でも従いたい。ただSMの世界ではよく「御主人様」という呼び方をするのだけれど、私はそれに違和感を感じる……。だって、私は「御主人様」が欲しいんじゃなくて、その人の事が好きで近くに居たいだけなんだもの。

 

クリトリスを擦ったり、シゴいたり、

いやそれよりも、留美先生は学校にいられなくなる。暗がりで生徒にあんなことをしてたなんて分かったら、学校中の先生たちから軽蔑の目で見られて、校長先生に怒られるしかし当の美貌の女教師は、余裕たっぷりの顔で若い男の同僚に微笑みかけた「あら、ご苦労様です。ひょっとしてこの生徒たちを探してたんじゃありません?「え?ええそうです。クラスでこいつらだけずっと来なくて……あの、梨田先生と一緒にいらっしゃったんです力?「ええ、そうですわ」さらりと留美先生が言ったので、圭介は今度こそ飛び上がりそうになった。「この子たち、旅館の中が珍しかったらしくて、人気のない部屋でかくれんぼなんてしてましたのよ。

バイブと可愛い声で喘ぎまくりたまたま私が見つけて大広間に連れて行くところなんですけど、本当に男子って、体は大きくても中身は子供ですねぇ」熱血体育教師は「そ、そうですか」とたじたじになっていた。この美しく肉感的な女性の同僚に、寄せていたのかもしれない。あっけなくけむに巻かれてしまった。秘かに思いを三人に軽くげんこつをコンコンコンと喰らわせて男性教師が消えると、留美先生は何事もなかったように皆に取引を持ちかけた。分かったわ。それじゃあ、さっきよりもっとエッチで、君たちが好きそうなことをしてあげる。そうね、夕食が終わって入浴時間中の七時半ごろ、いまから言う場所に来て。

股間に電マを当てると感じた声とお汁が漏れ出てきちゃいました
フェラ奉仕がスタート

クリトリスと同時に攻めてしまう

「感じちやったの?おんなじ女性にいじられて?」胸をもみながら聞いてみる。中心の突起もかたくなっていた。「さあ、おうちの電話番号言う気になったかしら?」返事を聞くためにガムテープを外す。「おねーさぁ…ん…えっちな気分になっちゃったよーお願い…したもいじってぇ…」この子…ばかなんだろうか…普通泣いたりとかじゃないのかな「おうちの電話番号教えてくれたら、続けてあげる。」「わかったよ…」こうして、女子高生から電話番号を聞くことができた。すぐに親に連絡をしよう。いい子ね、じゃあ外してあげるね。今からおうちに電話するわよ」手錠やらを外す「約束はっ…?」女子高生が何か言い出したが、「もしもし、こちら」電話がつながった。熟女好きも、そうじゃない人も楽しんで頂ける作品です


チンポはビンビンに

「ちょっとおねーさんっ」電話途中に女子高生が後ろから抱きついてきた。そして、私の体をいじりはじめる。お尻や胸、あそこを女子高生にいじられて「こ···ちらに···おたくのお子さまぁッ、がいらッ…あぁっ…は…」ぃっちゃうよ…「おね-さんの身体エローい!ぬるぬるー!」「もうっ、わかったわよっ!いかせてあげるから電話中は大人しくし…」ツーツー、ソ怪人集団いじめ「はぁ、はぁっ」レッドは細い路地を走っていた。(あと一回しかシャイニングビームは使えない!)路地に怪人達を誘き寄せれば、まっすぐに伸びるビームで怪人を倒せると思った。だが「つーかまーえたよ」「な!後ろから.何故!」「この路地は,本道…。出てくる場所もお見通し…。」そして、怪人達に囲まれてしまった。両腕を筋肉質な毛深い怪人がつかむ。「どうする気だ!」「どうする…?今まで散々コケにしてくれましたね?」目の前の魔法使いの怪人が言った。