エッチな会話をしながら

チンポは戦闘準備が整ってしまうわけでトークもそこそこにプレイボール

オマンコを容赦なく攻め始める男

喘ぎ声をたてはじめた生斗の様子から、クライマックスに近づいていることを知り、姿勢を変えて生斗の前に跪いて、コックの先にキスをしました。「口に含んで!」生斗の欲求に応えてコックを口に含み、ボールを上下に舐め回し、時にはキュッと締まった大きなボールを舐め出来うる限りのテクニックを与えました。激しく腰を動かし、て、またグランスを吸ったり舌を泳がせたりと、私は生斗の手を感じました。両手で私の頭を包み込むと、大量のスペルマを噴出したのです。お腹が一杯だったのですが、すべてのスペルマを吐き出すまで、生斗の濃い香しいミルクは美味しく頂きました。コックから口を離しませんでした。

アナルの感じを見てもらおうと、

朝食を済ませて間がなく、生斗のコックが、「生斗、最高の朝食をありがとうこんな美味しい朝食は生まれてはじめて食べたわ」私の冗談に、生斗は笑い出しました。昨日は生斗を、セックスで支配しようとプレイを始めたのですが、どこで行き違ったのか、今では生斗に「首ったけになってしまっているのです。そのまま服を整えて、昨日やり残した作業を続けました。昼過ぎには、予定していた作業はすべて終らせることができました。次は壁紙を貼る作業ですが、スチームで洗い流した壁が乾くのには、まだ2時間はかかるでしょう。

 

オナニーの実況中継

一突き、一突き、角度もスピードも変化を加え、確実に真菜を追い上げていく。反応はすこぶる良い。心の中で頭を下げる。「ああ、あうう、おおおうつ、おうっ、あうっ、はうぅ、あうっ」どこか切なげな、何か籠もったものを感じさせる短い、うなるような声が絶えず、唇から漏れている。おまけに、達也の突きにあわせるように、うねうねと、無駄なニクは全くないくせに、男の心をとろかすように、ふっくらと柔らかく、丸い尻が動いている。くねくね、くねかすかに迎え入れる動きも見せるし、怒張が抜き去られる動きを追いかけるようにも、淫らにうごめく。達也は腰を使いながら、淫らな蠢きをそそのかしでもするように、尻の丸みを手のひらで愛撫し続けるだけで、腰を押さえようとしない。

オマンコをかき回されてガッツリハメ撮り「はうっ、あううう!」真菜の白く、しなやかな背中がのけぞった。達也に尻を差し出したまま、三日月型に仰け反った真菜の顔が、しを向くほどだ。細いあごが、ぐっと反り返りながら、声にならない絶頂を告げる。再びオーガズムを迎えたのだ。ガクッと、真菜の首が落ちた。一瞬、部屋中の物音が消えたかのように、すべての動きが止まる力が抜けきっているはずなのに、真菜の尻だけが、達也に捧げられるように突き出されている。いや、真菜の意識があるのかどうかすら分からぬのに、微妙に尻がうねっているのは奇妙な感じだった。

オマンコをカメラへと広げて見せ、ぴちゃぴちゃと音を立てて舐め上げる
チンポ奉仕は胃液を吐くほど、喉の奥まで突っ込まれる

バイブを片手に握りしめ、果たせなかったあの頃の想いを胸にいざ懐かしの地へ、感動のラスト

ううん、近所の人が気にするかもしれないよね」「むぐう」ガムテープの中でうめきを漏らした。再び、脇腹を甘やかな刺激が襲ったのだ。真菜は、いやあと、叫んだつもりだったのだ。僕、逃げなきゃいけないよね」そうなったら、さらさらとした指遣いが、「ね、宝物にする前に、真菜の二の腕をたどっていた。びりびりした、甘やかな感覚が、真菜の背中に響いてくる「なんで、ああ、なんでなの、身体が敏感すぎる」耳元で囁く巧の声は、どこか妖しげな淫猥さを持っている気がした。「途中で逃げ出すくらいなら、このビデオを、僕だけのモノにしないで、みんなに見てもらおうかなぁって」「え、どういうこと?」ブラの肩紐だけが残って、むき出しになった、白い肩がヒクリと震えた。巨乳にマン毛が剛毛


クンニされ感じ始めます

つきながら、さらに真菜を驚かす言葉を続けた。「あのさ、今、自分で撮ったビデオをネットで公開できるのって知ってる?巧の指先が、ねっとりと、肩紐に絡みさすがに、その程度のことは知っていた。まさか、そこに、今撮っているビデオを載せるというのだろうか。真菜の身体は凍り付いたように硬くなった。「大丈夫,お姉ちゃんさえ、協力してくれたら、誰にも見せない、僕だけだよ。おっと、こいつも見てるけど、クチの硬いヤツだから心配ない。お義兄さんだってよく寝てるよ。