アナルの穴・・・いろんなところを測っちゃいます♪最後は、こんなに

オナニーをし始めると、

チンポ君の自宅へ遊びに来たのだ

ウツ、イキそうだスペルマを吐き出すな男は命じました。私は歯を食いしばって堪えました。私はほとんど呼吸ができませんでしたが、どうにかコックを銜え続けました。彼は両手で私の頭を抱えて、激しく腰を動かしましながら、手を添えて扱きだしました。男のコックは爆発しました。口の中一杯にスペルマが溢れ、ほろ苦い味と独特の匂いで一杯になりました。彼は、自分の欲望を満たし終えました。身を整えた男は、私に服と車のキーを投げつけ去っていきました。

肉棒を手コキでシコシコとしごいていく

後ろ姿が遠のくのを確認して、服を集めました。急いで身体をきれいにして、ペットボトルの水で口を漱ぎ、車に戻りました。車を発進させながら、今いた場所を振返りました。そこは陽の光を受けて、緑に輝いていました。ここは私が予期しない体験をした、二度と訪れたくない場所になりました。

 

セックスも生で妊娠覚悟の

「そもそもあれは何者なんだ?」と俺が聞くと、「イッカクだよ。厨房の匂いがする人間を喰らうと昔から言われている。昔の日本でも朝廷の料理人が次々と襲われ、生気を吸われたという記録もある。数百年前に封印されたはず。でもそれを君のクラブ活動のメンバーたちがいたずらしたせいで目覚めさせちゃつたわけだね」「ふうん、まあどうでもいいけどね」と俺。「コウタ君!勝手に迷惑な奴呼び出しておいてどうでもいいとは。

マンコの割れ目をなぞる地球人はこんな身勝手なもんなのか?」ポコスケはあきれ顔だ。「俺に迷惑かかんなきゃいいや」俺はテラベッピンというアダルト系情報雑誌を広げゴロリと畳に転がった。「やあやあ久しぶり。みんな元気かい?」何者かが急に俺の部屋の窓をガラッと開け入って来た。誰かと思って見るとナツミである。「今日は魔法少女のコスプレじゃないんだな。誰かと思った。というかお前、玄関から入って来いよ」と俺。

ファックを展開すると大量の
オマンコのまわりや

お尻でイってほしい願望とが一致した結果、こういう作品が出来上がりました

キスして、クンニして、ゴムつけて..このゴムをつける作業が、いつまでたっても、手際が悪くて、いつも、イラッと、していた。子作りのために、中出しさせてあげたときの、満足そうな顔は、少し頭の弱い男に見えた。セックスと、子作りが一緒になったとき、私の中の淫乱堕天使が死んだ。結婚するまでの28年間、男性経験は6人と、多くはない。しかし、考えてみれば、みんな変態だった。新幹線のトイレの中でH..マンションの屋上で、向かいのビルのおじさんに見られながらH...。勃起したおちんちんのお年玉をプレゼント


中出しされた後、根こそぎ搾り取るようなラストのお掃除

バイブ、野菜、異物挿入もした合コンの帰り、最終電車に乗り遅れ、近くの男友達のアパートに行き、その場にいた男友達3人と4Pを楽しんだこともあった..結婚して8年目、受精を済ませたオスへのセックス奉仕が終了して、深夜バイトで、また、私の中の淫乱堕天使が復活を遂げる。ジョロジョロ、シャッシャアヤー、バスタブの角に腰掛け、私の赤い亀裂の真下で笑っている笠井さんの漢魔羅に思いっきり、私のおしっこが飛び散った。ヂョボボボーツ、ビシャバババーツ、下から彼は、イヤラシい目線を私に送りながら、おしっこまみれの漢魔羅を右手で、シゴいた。膨張して、ふたまわり、いや、それよりも大きくなった男魔羅血管が、まるで、マスクメロンの網のように、くっきり浮き出ている。こんな、見事に浮き出た血管は見たことがない。